レビュー TF スタジオシリーズ ゲーマーエディション バリケード

GEバリケード (7)

今年のゴールデンウィークもあっという間に終わってしまい、色々と不完全燃焼気味な管理人です。
子どもが産まれて以来久々に家族でゆっくりと過ごせたのは嬉しかったものの、もう少し大きくなったら旅行にも行きたいなぁ…。
(積みゲー消化も次回の休暇こそ頑張りたいところです)

さて、そんな願望を語りつつ今回ご紹介するトイは、前回に引き続きゲーマーエディションからこちらのTF!
今回もゲーム本編での思い出にも触れつつ、サクッとレビューしていきたいと思います~ノシ

ということで、『トランスフォーマー スタジオシリーズ』より、
ゲーマーエディション バリケードです。

こちらは2018年より展開されている過去の実写・アニメ映画作品に登場したキャラクターを最新技術で商品化していく
玩具展開「スタジオシリーズ」のトイの派生シリーズで、モノとしてはゲーム「Transformers: War for Cybertron」中の姿を
立体化していくゲーマーエディションの第1弾のうちの1体となっています。

GEバリケード (1)GEバリケード (2)

それではまずはパッケージ両面から。
海外版ということで、引き続きプラスチックを廃止したブリスターになっています。
CGイラストはゲーム本編でのキャラクター選択画面のものっぽい雰囲気ですね。

GEバリケード (3)GEバリケード (4)

両側面はこんな感じ。
ゲーマーエディションらしく、ナンバリング部分のアイコンが十字キーになっているのがカッコいいですねb

GEバリケード (5)

背景紙は劇中をイメージしたCGイラストとなっており、
ゲーム本編のチャプターⅠでバリケード、メガトロン、ブロウルが襲撃していた軌道ステーションを模しているようです。

GEバリケード (6)

ちなみに開封状態はこんな感じ。

GEバリケード (8)
GEバリケード (9)GEバリケード (10)
GEバリケード (11)

バリケード、ビークルモード4面から。
モチーフはスポーツカーっぽいサイバトロニアンビークルで、ゲーム本編では暗い配色だったためか
今回のスタジオシリーズ版は何となくミニ四駆みたいな配色に見えてしまいますね(苦笑)

GEバリケード (12)

先日ご紹介したゲーマーエディション オプティマスプライムと並べて1枚。
価格帯がデラックスクラス(バリケード)、ボイジャークラス(オプティマス)と異なるものの、
バリケードがかなり大きめに作られているので並べていても遜色ありません。

GEバリケード (13)

付属武器はビークル上部の四角い凹ジョイントに装着でき、武器の銃口部には3㎜ジョイント、
後方部には5㎜ジョイントがありそれぞれにWFCトリロジー以降共通のエフェクトパーツが装着できます。
(うちのバリケードは個体差なのか銃口部のジョイントが細く、すぐにエフェクトパーツが外れますが…)

GEバリケード (14)

メガトロン「行くぞ、バリケード、ブロウル!」
バリケード「斥候はお任せください、メガトロン様!」

GEバリケード (15)GEバリケード (16)

それではロボットモードへ変形させていきます。
まずはビークル後方→側面→前方の順でガワを持ち上げていき、前方底面部にあるつま先部分を90度倒して
バリケードを立たせつつ腰から上を180度反転させます。

GEバリケード (17)

脚部側面・後方のガワ位置を整えたらモナカ状の前腕部を開いて拳パーツを取り出し、
各部の向きを調整すれば変形完了です。

GEバリケード (18)
GEバリケード (19)GEバリケード (20)
GEバリケード (21)

バリケード、ロボットモード4面です。
背面と足回りにガワが多く残っているのが見た目からもよく分かります。

GEバリケード (22)

バストアップ。
特徴的な目元もしっかりと再現されていますね。

GEバリケード (23)

上半身の可動について。
頭部・肩・手首はボールジョイント接続で上腕部にはロール軸が設けられているものの、
前腕部分の干渉もあり肘は80度程度しか曲がらず自然な向きへの手首の回転も難しいです。

GEバリケード (24)

続いて下半身の可動について。
股関節はボールジョイント接続で腿付け根にはロール軸が設けられています。
また、膝・足首は縦方向に動くものの膝は60度程度しか曲がらず、足首も変形都合で手前方向に90度動くのみで
WFCトリロジー以降標準レベルで備わっていた足首の横可動はありませんでした。
とはいえ変形都合で腰も回転するので、全体の可動箇所としてはそこそこといった感じ。
GEバリケード (34)

背景紙を使ってロボットモードでも1枚。
チャプターⅠではオートボット時代のスタースクリームが登場するなどもあるのですが、
そういった小ネタ的なものは特にないようで少し残念💦

GEバリケード (25)

ゲーム本編の同チャプターでプレイアブルキャラクターとして登場するブロウルとロボットモードで並べてみました。
劇中ではブロウルの方が一回り大きかったので、コンバッティコンの面々もリメイクされてほしいところです。

GEバリケード (26)

ゲーマーエディションの共通ギミックとして右腕を付属武器と換装させることができるようになっており、
バリケードには劇中での初期装備となっているニュートロン アサルトライフルが付属します。

GEバリケード (35)

オプティマスの記事でも触れようと思いますが、
背面側にある四角い凹ジョイントへの腕/付属武器の装着はバリケードでは可能でしたが
オプティマスは無理やり装着する形になるため白化リスクがあるので要注意。

GEバリケード (36)

ニュートロン アサルトライフルを装着するとこんな感じでした。

GEバリケード (27)

何気に足裏に5㎜ジョイントが設けられているのでエフェクトパーツを装着できるのは良いんですが、
フィギュア用スタンドパーツを装着する凹ジョイントがなくなっているのでポージングには少々難儀します💦

GEバリケード (28)

ゲーマーエディション オプティマスプライムとロボットモードでも並べて1枚。
オプティマスやバンブルビーはともかく出番の少なかったバリケードが第1弾として立体化されるなど、
今後の展開にもついつい期待してしまいます。

GEバリケード (29)

オプティマスのイオンブラスターは、↑の写真のような角度であればガワ干渉を避けて装着できました。

GEバリケード (30)

一方バンブルビー付属武器の1つであるプラズマキャノンらしき武器は、干渉も少なく自然に装着できてイイ感じでしたb

GEバリケード (31)

ゲーム本編でバリケードやラチェット等のアビリティとして使用できるバリアーをイメージしつつ1枚。
透明な壁を正面に展開して短時間攻撃を防げるのは良いんですが、その場にバリアーがそのまま残ってしまい
移動時の邪魔になることもあったりして、バリアー持ちのキャラクターは極力使わないようにしていました(苦笑)

GEバリケード (32)

ということで、『トランスフォーマー スタジオシリーズ』より、ゲーマーエディション バリケードでした。
「Transformers: War for Cybertron」のバリケードが待望の立体化ということで、先日ご紹介したオプティマスと合わせて購入。
世紀末感溢れるサイバトロニアンビークルもしっかり再現されているのは良いのですが、ガワ処理の都合で可動範囲が狭く、
WFCトリロジーから標準レベルで導入されていた足首の横軸可動やフィギュア用スタンドのための
凹ジョイントが廃止されている影響も大きく、何かにつけて遊び辛さを感じてしまう仕上がりになっている気がします。
個人的には「~War for Cybertron」のゲームの世界観が大好きなので嬉しい立体化ではありましたが、
万人におススメとは言い難い出来なのが非常にもったいないなと感じました…。
それでは今回はこの辺でノシ

おまけ
GEバリケード (33)

童話「舌切り雀」の大小2つのつづら選び的な感じで、こういう2択なら大抵小さい方を選んでいた管理人。
皆さんはどちらがお好みでしょうか?
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

驚くべき事にこれが出るまでWfCデザインのバリケードの立体物はKre-Oしかなかったんですよね…
待望の立体化ではありますがキングダムのスコルポノックのように長年再立体化に恵まれなかったキャラクターをいざ商品化すると少々残念な点が目立つ物になりやすい気がします
そう考えると今日までオプやビーを数えきれないほど商品化してきたのにもちゃんと意味はあったんだなぁって

初立体化故にこれをユナイテッド~ジェネレーションズ玩具みたいなキャンディ塗装したらどんな感じになるかは気になりますね
エアレイドとかブラストオフみたく日本版でもキャンディ塗装じゃなかった玩具もあったけども



Re: No title

匿名さん、コメントありがとうございます!

> 驚くべき事にこれが出るまでWfCデザインのバリケードの立体物はKre-Oしかなかったんですよね…
> 待望の立体化ではありますがキングダムのスコルポノックのように長年再立体化に恵まれなかったキャラクターをいざ商品化すると少々残念な点が目立つ物になりやすい気がします
> そう考えると今日までオプやビーを数えきれないほど商品化してきたのにもちゃんと意味はあったんだなぁって

KINGDOM版スコルポノックもそうですが、待望の立体化なのに色々気になる仕様なのが惜しいんですよね💦
そもそもゲーム本編では軽量級のスカウトクラスなので、大きめのデラックスクラスにせずにバンブルビーに近いサイズで
立体化してコストを違うところに充ててほしかったなぁ…なんて考えてしまいます(苦笑)


> 初立体化故にこれをユナイテッド~ジェネレーションズ玩具みたいなキャンディ塗装したらどんな感じになるかは気になりますね
> エアレイドとかブラストオフみたく日本版でもキャンディ塗装じゃなかった玩具もあったけども

そもそもエアレイドはゲーム本編と全然違う姿での立体化だったりしますが、
今回はどこまで立体化されるのかが一番気になりますかね~。
個人的には以前も立体化されていないブレークダウンを新規金型で見てみたいところです。
プロフィール

ふじ

Author:ふじ
備忘録も兼ねて、趣味のあれこれに
ついて書いていこうと思います。
トイのレビュー記事と水泳の話題が
中心ですが、
よろしければどうぞ~ノシ

注意事項
当ブログの画像の無断転載は禁止とし、荒らしコメントと判断したものは削除させていただきます。
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。 相互リンク希望の方は、記事のコメント欄もしくは当ブログのTwitterアカウント(@fuji_seitaiblog)へのリプライ・DMにてその旨をお知らせください。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR