スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー ビーストウォーズメタルス 勇猛の対決 ランページ

IMAG3372.jpg

いや~やってきましたね~、7月!
どうでもいいことですが、管理人は7月生まれということもあり1年で一番7月が好きなんですよね~(^-^)

そんなウキウキ(死語)気分な7月のレビュー第1弾は、先日限定トイが発売されたプロトフォームXなこの蟹です!
何気に当ブログ初のウルトラ(≒リーダー)クラスのトイということもあり少し見づらいところもあるかもしれませんが、
詳しいレビュー内容は続きからどうぞ↓

というわけで、『ビーストウォーズメタルス 超生命体トランスフォーマー』より、
VS-41 勇猛の対決 ランページです。

以前からあれこれ紹介しているビーストウォーズシリーズの対決トイ(両陣営が基本1体ずつ封入)の第41弾で、
中身はC-41 シルバーボルトとD-41 ランページの2体それぞれの状態と特に変わりませんね。

今回紹介するランページはビーストウォーズメタルスに登場したキャラで
初登場のエピソードがTVシリーズに先駆けて公開された劇場版に使われたため、
TV放送では結構唐突な登場の仕方をしています(=第9話「カニじゃい!」)。

そもそもはサイバトロンの実験によって生み出されたキャラだったんですが、
コロニー1つのサイバトロンを全滅させたので封印→未開の惑星に投棄しようとしたけどポッドが再起動して参戦
→メガトロンに自身のスパークの半分を奪われ半強制的にデストロンに…
となかなかかわいそうなキャラだったりしますが、作品の雰囲気のおかげで重い空気がかなり緩和されています(^_^;)

IMAG3328.jpg
IMAG3329.jpgIMAG3332.jpg

前置きが長くなりましたが、ここでパッケージ両面です。
対決セットということで、ウラ面からはいつも共通の作品紹介(?)部分とランページの紹介部分をピックアップ。

IMAG3545.jpgIMAG3547.jpgIMAG3546.jpgIMAG3548.jpg

少し見にくくなってしまいましたが、プロフィールやテックスペックの記されたキャラカード両面です。
オモテ面は角度によって3種の画が確認出来、ウラ面にはキャラについての情報がしっかりと記載されていますね。

IMAG3368.jpgIMAG3369.jpgIMAG3370.jpg

ビーストモード3面、メタルボディが美しい蟹ですね。
ハサミがこれでもかというぐらい大きく、ロボットモードに変身(=変形)するときへの不安が掻き立てられます(苦笑)

IMAG3341.jpgIMAG3364.jpg

サイズ比較は通りすがりのテイルゲートと。
口元にある銃の「ガルバキャノン」ですらメトロマスタークラスより大きいあたり、さすがはウルトラクラスのトイですね(笑)

IMAG3388.jpg

スパーク(の片割れ)を奪い操る上司と。
現ヴォイジャークラスであるメガクラスな上司よりも圧倒的ボリュームです。

IMAG3371.jpg

メッキ部分には国内版の証である「DESTRON」の文字が。

IMAG3343.jpgIMAG3344.jpg

それではロボットモードへ変身(=変形)させていきます。
まず、ハサミを写真のように向きを変え、腰以下のパーツを引き出します。

IMAG3345.jpgIMAG3346.jpgIMAG3347.jpgIMAG3348.jpg

そしてメッキパーツの甲羅側面を横に開きつつ、触角や胴体、腕のパーツの向きなどを調整してやります。
このとき、ロボットモードの頭部が結構ポロリしやすい上にクリアパーツで作られているので、
取り扱いには少し注意が必要ですね(>_<)

IMAG3351.jpgIMAG3353.jpgIMAG3354.jpg

といわけでロボットモード3面ですが、側面以外はビースト時の足を写真に収めようとして少し引きで撮ってます(^_^;)
声を担当された檜山修之さんが広島県出身なためか広島弁風な口調が印象的な豪快なキャラですが、
技術的な問題かトイでは劇中よりサイズも大きく豪快さに拍車がかかっています(笑)

IMAG3352.jpg

バストアップです。
胴体や頭部はクリアパーツですが、綺麗に塗装されており見栄えは悪くありません。

IMAG3357.jpg

上半身の可動について。
頭部は結構硬めですが上や左右を向くことが出来、180°曲がる肘にはロール軸も完備(写真の黒い部分ですね)。
これらに加え肩もボールジョイントで動かしやすいかなぁと思ったんですが、肘から下のビースト時の足が干渉することも多く少し厄介。

IMAG3359.jpgIMAG3360.jpg

続いて下半身の可動について。
つま先・踵とも下向きに閉じるような構造ではありますが、
膝も180°ほど曲がり股関節にはボールジョイントがあるおかげで思いの外動かしやすいですね。

IMAG3361.jpg

付属武器の1つである「ガルバキャノン」には付属のミサイルパーツ3つを装着&発射が可能。

IMAG3362.jpg

ビースト時の下顎である青いパーツがトリガーになり、ミサイルパーツを飛ばすことが出来ます。
この機構は後ほど紹介するタンクモードでの走行にも連動しており、非常によく出来ているなぁと感心させられました。

IMAG3363.jpg

もう一つの付属武器は見た目がシンプルな銃で、正式名称は残念ながら管理人には分かりません(*_*)

IMAG3389.jpg

ちなみにミサイルパーツ3本とこの銃は、ハサミの内側に写真のように装着できるのでなくす心配もありません(笑)

IMAG3366.jpg

フル装備で。
案の定ハサミが大きくて自立が難しいですが、メタルス前半のトイらしく劇中再現度は高い方ではないかと。

IMAG3356.jpg

再びテイルゲートと。
この形態でもサイズ差が凄いことになっております。

IMAG3367.jpg

上半身の可動に触れた際にビースト時の足の干渉の話をしましたが、
劇中再現を度外視すれば写真のようにクロー状に扱い干渉を避けることも可能に。

IMAG3365.jpg

もう少し立たせやすければなぁと思ってしまう非常に惜しいロボットモードですね~(^_^;)

IMAG3372.jpg

続いては、第3のモードであるタンクモードにするために一度ビーストモードへ戻します。

IMAG3373.jpgIMAG3374.jpg

まずはタンクモードにするために足を写真のように折り畳み、ハサミを横に向けます。

IMAG3376.jpgIMAG3377.jpgIMAG3378.jpg

次にハサミ内部のキャタピラ用のゴムパーツを丁寧に引き出してハサミ側面とハサミの途中関節部分をジョイントし、
最後にゴムパーツを足を覆うように丁寧にかけてやればOKです。

IMAG3379.jpg
IMAG3381.jpgIMAG3382.jpg

正面からの写真はありませんが、タンクモード3面です。
我が家のランページは左側のキャタピラが上手く噛み合わず内部で浮きがみられますが、
キャタピラを利用したコロ走行はきちんと可能でした。ただ、ゴムの劣化を早めるのであまりお勧めできません(>_<)

IMAG3385.jpg

ひっくり返して裏側から。
先述の通り「ガルバキャノン」にはコロ走行に合わせて砲身が回転し、
次々にミサイルが発射されるようになっています。

IMAG3384.jpg

3形態の中で一番デリケートなタンクモードですが、サイズがサイズなのでとても迫力があり遊んでいて楽しさ満点です!

IMAG3392.jpg

というわけで、『ビーストウォーズメタルス 超生命体トランスフォーマー』より、VS-41 勇猛の対決 ランページでした。
タンクモードやビーストモードの出来を優先したのかロボットモードにそのしわ寄せがきている感がありますが、
ロボットモード以外の2つのモードの出来は非常に素晴らしく、迫力あるサイズ感も相まってすぐに気に入りました(笑)
今年発売の実写トイであるクロスヘアーズ同様素材の問題から扱いが難しい部分もありますが、
それを踏まえても非常に遊びがいのあるトイに仕上がっているのではないかと。
国内販売が15年前、海外での販売は17年前(?)にもなるトイですが、色々と遊び甲斐のあるものになっていますので
どこかで見つけた際は是非その手にとって遊んでみてもらいたいと思います(^-^)
それでは今回はこの辺でノシ

2014/07/02 記事投稿
2014/07/03 写真の添付ミスを修正
2014/07/06 キャラカードの写真及び説明文を追加

おまけ
IMAG3342.jpg

ランページ「どうじゃ、高い高いされて怖かろぉ~?」
テイルゲート「怖さ云々より思いっきり足挟まれてて滅茶苦茶痛いんですけど!」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

出身は色々と不遇ですがなんだかんだで
メガトロン率いるデストロン軍でもそれなりに楽しくやってるように見えるのは
作品柄故なんでしょうか…あの職場は人員の入れ替わり激しかったですがね。

でかい!って印象が強いですがロボットモードになると
殆ど背負いものなんですね、ゴムは一番気になる所だなぁ。
対決セットとしてはシルバーボルトよりもデプスチャージが適任ですが
販売時期とかそいつとセットにしてしまうと超デカイ箱になってしまうのが要因でしょうかw

Re: No title

イルレイさん、コメントありがとうございます!

> 出身は色々と不遇ですがなんだかんだで
> メガトロン率いるデストロン軍でもそれなりに楽しくやってるように見えるのは
> 作品柄故なんでしょうか…あの職場は人員の入れ替わり激しかったですがね。

原語版の重たい雰囲気を払拭するような声優の方々の熱演がなければ、
各キャラクターを見る目も大きく変わっていた気がしますね~。
入れ替わりの激しいデストロン軍では割と出番短め(ジャガーみたいなやつも居ますが(笑))ですが、
関西人の自分としては広島弁が非常に好印象なキャラでした(^-^)

> でかい!って印象が強いですがロボットモードになると
> 殆ど背負いものなんですね、ゴムは一番気になる所だなぁ。
> 対決セットとしてはシルバーボルトよりもデプスチャージが適任ですが
> 販売時期とかそいつとセットにしてしまうと超デカイ箱になってしまうのが要因でしょうかw

個人的にはシルバーボルトとクイックストライク、ランページとデプスチャージというようなセットが
良いんじゃないかと思ってしまいますが、イルレイさんが仰るように箱のデカさがえらい事になる上、
ただでさえ微妙なポジションのメタルスエアラザーが浮いてしまいますからね~(^_^;)
需要自体はありそうですし、レジェンズあたりで対決セットが実現すればいいのですがはたして…。
プロフィール

ふじ

Author:ふじ
FC2ブログへようこそ!
機械音痴の学生ですがブログ
始めてみました。
備忘録も兼ねて趣味のあれこれに
ついて書いていこうと思います。
トイのレビュー記事と水泳の話題が
中心ですが、
よろしければどうぞ~ノシ

注意事項
当ブログの画像の無断転載は禁止とし、荒らしコメントと判断したものは削除させていただきます。
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。 相互リンク希望の方は、記事のコメント欄もしくは当ブログのTwitterアカウント(@fuji_seitaiblog)へのリプライ・DMにてその旨をお知らせください。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。