スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー ミュータントビーストウォーズ レイザークロー

IMAG3194.jpg

日付的には今日のことなんですが、昨夜のアニメ「シドニアの騎士」の最終回は非常に満足できる内容でした(^-^)
普段は録画でしか観ていなかったものの昨日は偶々今回紹介するブツの撮影後にリアルタイムで観ておりまして、
Twitter上での原作者の弐瓶先生による意味深発言の正体にもとても興奮していましたね~。

ただ、今朝の起床後にもう一度観ようとレコーダーを起動したところ、
某ワールドカップの影響による時間変更の余波で録画されていないという…(-_-;)
こんなことになるとはつゆ知らず、本当に偶然リアルタイム視聴しただけなんですが、何だか不思議な感じですね(苦笑)

と、前置きが少し長くなりましたが、
今回紹介するトイはBW関連の物の中でも一際異彩を放つ「ミュータント」なこいつですよ↓

というわけで、「MUTANT BEASTWARS」より、
レイザークローです。

本トイは国内で言う「ビーストウォーズリターンズ」がアメリカで放送されていた2000年頃に発売されたトイで、
メガトロンのウィルスに感染してビーストモードから別のビーストモードへと変身(ロボットモードは消失)するという変わり種。

ミュータント達はサイバトロン(マクシマルズ)にもデストロン(というよりビーコン軍団)にも属していないものの、
ミュータントになった経緯(ウィルス感染)からか、ビーコン軍団には遭遇し次第攻撃するものの、
サイバトロンにはとある理由から一目置いているという感じの軍団のようですね。

IMAG3189.jpgIMAG3190.jpg

まずはパッケージ両面、中にいるトイと右上のイラストが全く一致していませんね(笑)
国内版のビーストトイと違い、海外版は箱がキャラクターバイオや変形方法の記載欄を兼ねているので、
箱は基本的に処分する派の管理人は少し扱いに戸惑いました(^_^;)

IMAG3191.jpg

こちらがキャラクターバイオ(イラスト+テックスペック+プロフィール)になっています。
変身前後の姿を示す欄が「RAPTOR/WOLVERINE」となっているあたりがミュータントの特徴でしょうか。

IMAG3192.jpgIMAG3193.jpg

変身(=変形)方法と変形難易度をピックアップしてみました。
工程もそれほど多くないからか、難易度もどちらかというと低めですね。

IMAG3195.jpgIMAG3196.jpgIMAG3197.jpg

先に変身(=変形)の話をしてしまいましたが、ビーストモード3面です。
ダイノボットや国内でも来月発売されるスラッシュなど比較的多く選ばれるヴェロキラプトル型ですが、
ロボットモードにならないおかげかそれらと比較しても全体的にスッキリした外見ですね。

IMAG3198.jpg

バストアップ兼サイズ比較は同年代の恐竜モチーフであるガイルダートと。
レイザークローがヴェロキラプトルとして大きめなのか
ガイルダートがトリケラトプスとして小さめなのか悩みますが、個人的には後者ですね(^_^;)

IMAG3199.jpgIMAG3200.jpg

口の開閉はこんな感じ。
結構ガバッと開いてくれますが、内部のモールドは細かくありません。

IMAG3201.jpg

口の開き具合について話したついでに、首の可動について。
首は設計の都合か上方向にのみ動きますが、背中に頭頂部がぴったり付くぐらいまで曲がります。
ここは出来れば下方向や左右にも曲がってほしかったですね~。

IMAG3203.jpg

しかし、上を向くのはめっぽう得意なので(というか上しか向けませんが)、
こういった何かを見上げるようなポーズは自然に決まります。

IMAG3210.jpg

ちなみに、左大腿部にはミュータント軍団共通のエンブレムが。
3つの輪が重なったような形ですが、何か意味があるのでしょうかねぇ…。

IMAG3208.jpg

見た目通り、前脚は付け根からの一体成型ですが、干渉も殆どなく素直に動かせます。
写真は水中を泳いでいるイメージでの1枚。

IMAG3204.jpg

モンハンとかでよく見る、仲間を呼ぶポーズをイメージして。

IMAG3207.jpg

ちなみにラプトル時の頭を開くと、ミュータント共通のギミックであるロボットらしい(?)顔が…。
透明な輪ゴムで留めていますが、なかなかキツい見た目です(まぁそこがいいんですが(笑))

IMAG3246.jpg

ちなみにこのレイザークロー、頭は下げられないものの、
後ろ脚がよく動くので、低い位置に頭を持っていくことは可能です。

IMAG3245.jpg

海外ではロストエイジの公開が始まったということで、お約束(?)の1枚。

IMAG3213.jpgIMAG3214.jpgIMAG3215.jpg

では、ここらでようやく変身(=変形)開始。
胸元に仕舞っていた赤い爪の方の腕を引き出し、ラプトル時の頭部を写真のように畳みます。
そこから、腕部の基部パネルをひっくり返しつつ尻尾先端の向きも丸みを帯びた方へチェンジ。

IMAG3216.jpgIMAG3217.jpgIMAG3218.jpg

股間あたりから哺乳類っぽい頭部を引き出し、
ひっくり返してパネル内側に来ているラプトル時の前脚や頭部を上手く仕舞いこみます。
3枚目の写真のような状態になれば、あとは各部の角度や向きを調整して終了です。

IMAG3220.jpgIMAG3221.jpgIMAG3222.jpg

第2のビーストモードである、クズリ形態の3面です。
前腕の大きさが少し目立つものの、獰猛な哺乳類に見える見た目がなかなかに好みです。

IMAG3238.jpg

バストアップ兼サイズ比較には、再びガイルダートを。
高さ的にはそれほど変わっていませんが、見た目は大きく変わりました。

IMAG3230.jpgIMAG3231.jpg

ラプトル時と同様、まずは口の開閉について。
と言っても、クズリ時には写真の程度しか開閉できませんでした(>_<)

IMAG3236.jpgIMAG3235.jpgIMAG3226.jpgIMAG3227.jpg

続いては、前脚とその指先の可動です。
肩のボールジョイント・2か所の関節・1か所のロール軸・駄目押しとばかりに動く肩基部と、
ビーストトイの中でもかなり可動個所が多いですね。

また、中心の2本の指は一体成型かつ前後可動のみですが、両端の指はボールジョイントなので結構な動き様(^-^)

IMAG3233.jpgIMAG3234.jpg

続いて後ろ脚。
基部と足首はボールジョイントで、膝に当たる関節は前後可動のみなものの、
前脚に比べて小さい事以外は特に不満なく動いてくれますね~。

IMAG3237.jpg

実際に可動範囲を活かしてダイナミックにポージングしてみました。
ネットで調べたところクズリってイタチ科の動物らしいんですが、
パッケージイラストと言い実際のクズリの画像検索の結果と言い、どう見てもクマでした(笑)

IMAG3219.jpg

こちらは、記事のトップに使うか悩んだ写真。
レイザークローの紹介記事でこちらの形態が先にくるところが少ない気がしたので使うか悩みましたが、
パッケージ写真も載せる以上やっぱり後だろうとも思い、結局はこのタイミングで掲載(^_^;)

IMAG3229.jpg

モンハンイメージの写真再びということで、ジンオウガとかその辺をイメージしてみました(^-^)

IMAG3239.jpg

クズリは雑食らしいんですが、食われる役に丁度良い方を引っ張り出していたので食べられてもらいました(笑)
前脚の造形や可動がしっかりしているので、捕食シーンは結構いい感じ(?)かと。

IMAG3240.jpg

食後の糞の始末に頭を悩ませる飼育員。

IMAG3242.jpg

お仕置きしようとする飼育員と抵抗するクズリ。

IMAG3225.jpg

罰として、逆立ちさせられているクズリ。
撮ってて何だか楽しくなった数枚でした(笑)

IMAG3247.jpg

というわけで、「MUTANT BEASTWARS」より、レイザークローでした。
相互リンク先していただいているNTさんが、旧ブログにて以前紹介された記事や、
余所様のブログを見つつ以前から興味津津だったミュータントなこいつ。
実際手に取ってみると、多少の無理があるとはいえ2つのビーストモードが両立されており、
良好な可動範囲も相まっていつまでも弄っていたくなるニクいトイでした(^-^)
何故こういった異質なトイが登場したかの経緯については、
詳しく書かれているブログ様があるのでそちらを参照していただきたいのですが、
「設計者は何考えてこんな代物作ったんだ!」と言いたいですね(褒め言葉です(笑))
こいつを含むミュータントなトイは全部で4種あるのですが、今のところ管理人が所持しているのはこいつのみ…。
一番入手しやすく出来も良好なものを最初に手に入れてしまった訳ですが、
弄っていてミュータントの怪しい魅力にあてられてしまったため、ゆっくり他の3種も探していこうと思います(゜д。)
それでは今回はこの辺でノシ

おまけ
IMAG3248.jpg

変形途中に思いついた、でっち上げの第3形態「ドラゴン」
ラプトル時の前脚を翼に見立ててやっちゃいました(笑)

IMAG3250.jpg

背中が凹んでいるのを利用すれば、HAベーシック付属の人間フィギュアを乗せることも可能。
何となく、摩訶不思議アドベンチャーな雰囲気で(?)今回はお別れですノシ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ご紹介ありがとうございます♪

って、随分と濃いぃところに手を出しましたね~(お前が言うかw)
いろいろとはっちゃけているTFですが、両モードともに生物モチーフで、
それでいて可動もしっかりこなすと言う、結構な良トイですよね。
…一般受けするかどうかは別問題ですがw

後半の「あるクズリの日常」的な写真がツボでしたw

No title

 更新お疲れ様です★
 ナマっぽくリアルなビースト系で、まさかのトランスプレイ! 凄いですね~(^^) 私も車両系や飛行機系のTFを四つ足動物やED209みたいなスタイルに「俺変形」してますが、説明書にない非公式のカタチを見つけると楽しいですよね♪

Re: No title

NTさん、コメントありがとうございます!

> って、随分と濃いぃところに手を出しましたね~(お前が言うかw)
> いろいろとはっちゃけているTFですが、両モードともに生物モチーフで、
> それでいて可動もしっかりこなすと言う、結構な良トイですよね。
> …一般受けするかどうかは別問題ですがw

ロボットモードがないというトランスフォーマーとしてかなり異端なブツですが、
旧ブログでお見かけした時からずっと気になっておりまして(^-^)
入手していじってみると想像以上にゲテモノで、他の3種の入手意欲もグッと上がりました(笑)

> 後半の「あるクズリの日常」的な写真がツボでしたw

深夜のテンションで撮影した写真だったのですが、そう言っていただけると幸いです(笑)

Re: No title

アウトキャストさん、コメントありがとうございます!

>  ナマっぽくリアルなビースト系で、まさかのトランスプレイ! 凄いですね~(^^) 私も車両系や飛行機系のTFを四つ足動物やED209みたいなスタイルに「俺変形」してますが、説明書にない非公式のカタチを見つけると楽しいですよね♪

深夜に撮影していたためか、いつも以上に遊んでいる写真を多めにしてしまいました(笑)
設計の妙でこういった遊びができるのがトランスフォーマーの魅力の1つだと思っているので、
今回のようなブツは個人的には大好物です(^-^)
プロフィール

ふじ

Author:ふじ
FC2ブログへようこそ!
機械音痴の学生ですがブログ
始めてみました。
備忘録も兼ねて趣味のあれこれに
ついて書いていこうと思います。
トイのレビュー記事と水泳の話題が
中心ですが、
よろしければどうぞ~ノシ

注意事項
当ブログの画像の無断転載は禁止とし、荒らしコメントと判断したものは削除させていただきます。
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。 相互リンク希望の方は、記事のコメント欄もしくは当ブログのTwitterアカウント(@fuji_seitaiblog)へのリプライ・DMにてその旨をお知らせください。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。