スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『ガンダムUC ep7』、『アメスパ2』観ました

今回は、以前から観たもしくは観たいと言っていた映画3本の感想記事でも。

ここ最近鑑賞する映画がアニメやアメコミが原作のものに偏っている気がしますが、
まぁそれはそれとしまして各作品の感想なんかを書いていこうと思います。

※なお、この感想はあくまで管理人個人の意見であり、
「まぁそういう考えの人もいるよね」程度で受け取っていただくようお願いしますm(_ _)m


というわけで、まずは1本目4月29日に鑑賞しました、
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』です。

本作は映画『アイアンマン』や『マイティ・ソー』と世界観を共有する
マーベル・シネマティック・ユニバースに属する作品で、キャプテン・アメリカが主役のものとしては
2011年公開の『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の続編になりますが、
作品内の時間軸は2012年公開の『アベンジャーズ』から2年後という設定です。

管理人は同世界観の作品のヒーローの中ではキャプテン・アメリカ(以下、キャップ)が一番好きなんですが、
『アベンジャーズ』より以前に公開された『~ザ・ファースト・アベンジャー』よりもアクションシーンが
より過激かつカッコよくなってはいるものの、基本的には盾と身体能力のみで戦う派手過ぎないところも残っていて
「非常にキャップらしい活躍の仕方だなぁ」と感じさせられました(^-^)

また、今作から登場するキャップの新たな相棒であるファルコンことサム・ウィルソンも
非常に好感を持てるキャラでして、彼の空中での戦闘シーンは飛行能力を持たないキャップとの対比も良い感じ。

さらに、『アベンジャーズ』からの続投組であるヒロイン(?)のブラック・ウィドウやフューリー長官も
本作で更にキャラが掘り下げられ親近感が持てるようになっていました。

そして、何といっても今回のキーキャラクターである謎の人物「ウィンター・ソルジャー」がカッコいいんですよね~。
正体は管理人がネタバレをしなくてもぶっちゃけバレバレ(?)な彼ですが、
2016年公開予定の『キャプテン・アメリカ3』でも活躍してくれるのかなぁなんて期待してしまう良いキャラでした。
彼の動向も含めて、今後の同シリーズ作品もあれこれ観ていきたいと思います。


続いてご紹介するのは、5月17日に鑑賞しました、
『機動戦士ガンダムUC episode 7 虹の彼方に』です。

言わずと知れたガンダム作品における1つの時間軸である「宇宙世紀」の物語として描かれた小説を
OVA化したもので、今作はその最終作である7作目として前6作より30分長い90分間の映像作品になっています。
※正確には映画というわけではないのですが、映画館で公開していたのでとりあえずはここでカウント(^_^;)

「ラプラスの箱」と呼ばれるアイテムをめぐるストーリーだけでなく旧作ファンを喜ばせるMSのラインナップでも
人気を博するガンダムUCですが、7作目でも馬鹿デカいサイズのネオジオングから渋いデザインのジェガン(エコーズ仕様コンロイ機)など、様々な人の心をくすぐる機体ラインナップでした。

個人的にはシュツルム・ガルスや先述のジェガン(エコーズ仕様)が大好きなので、
その2機の戦闘シーンは非常に興奮しましたね~(^-^)

ちなみに本OVAの大きな特徴であります「○○装備のあの機体」もバッチリ予約済みですので、
またいずれご紹介できればと思います。

上述の『~ウィンター・ソルジャー』とは対照的に今回で完結してしまいましたが、
完結編に相応しい素晴らしい内容になっていますので、もし観たことのないロボ好きの方が居られましたら
一度episode 1から順にご覧になられることを強くオススメします!


そして最後にご紹介するのは、6月5日に鑑賞しました
『アメイジングスパイダーマン2』です。

今作は2012年に公開された『アメイジングスパイダーマン』の続編で、
配給会社の違いでマーベル・シネマティック・ユニバースに属していないスパイダーマンが
NYの街で様々な強敵を相手に孤軍奮闘している作品です(苦笑)
※ちなみにエンドクレジットでは、配給会社の異なる『ある作品』のキャラが登場しますが、
そのキャラもマーベル・シネマティック・ユニバースに属していません。

なお、スパイダーマンと言えば2002年から2007年に公開された「スパイダーマン」、「~2」、「~3」も
記憶に新しいですが、「アメイジング~」は世界観を一新して新たに作り直す所謂リブート作品なので、
シリーズとしては先述の前作としか繋がりを持っていません(リブートついでにマーベル・シネマティック・ユニバースに入れていれば…)。

しかし、2002~2007年のシリーズに比べ、主人公であるピーターの両親に関する伏線や映像技術の向上などで
差別化が図られているため、決して見劣りする点もなく別作品として楽しめる内容になっていました。

そんな本作ですが、実は2作目が公開される前に次回作である3と次々回作である4の公開が決定するという
とんでもないことが起こっておりまして、「続編が決まっているのなら今作では物語がそれほど進行しないのでは?」と
考えていましたが、決してそんなことはなく、1作目から残る謎やピーターが抱える葛藤(とその原因)は
今作でほぼほぼ解決&解消しています。

上の『~ウィンター・ソルジャー』や『ガンダムUC』にも共通している部分なのですが、
途中途中で観ていて辛いシーンがあるものの、鑑賞後には何となく爽やかな気分で映画館を後にできる内容ではないかと思います。


というわけで、直近3作品の劇場での鑑賞後の感想記事でした。
いずれの作品も続編ということで過去作品との繋がりを意識した上での作りになっており、
過去作を観てきて良かったと感じさせる素晴らしい内容でした。
ただ、近年は続編ものが多く、過去作品の鑑賞ありきになり過ぎている感があるので、
そこらへんはもう少し何とかならないかなぁと考えてしまいます(^_^;)
まぁ製作される側もいろいろ大変なのでしょうし、楽しめればそれでいいんですがね(オイ
というわけで、今回はこの辺でノシ

おまけ
IMAG2316.jpg

ガンダムUCを鑑賞した後に友人と寄ったラーメン屋「第一旭 六角店」さんの「デラックスラーメン」を食べてきました。
写真の通り厚切りのチャーシューのボリュームが凄く、まさにデラックスなラーメンでした(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふじ

Author:ふじ
FC2ブログへようこそ!
機械音痴の学生ですがブログ
始めてみました。
備忘録も兼ねて趣味のあれこれに
ついて書いていこうと思います。
トイのレビュー記事と水泳の話題が
中心ですが、
よろしければどうぞ~ノシ

注意事項
当ブログの画像の無断転載は禁止とし、荒らしコメントと判断したものは削除させていただきます。
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。 相互リンク希望の方は、記事のコメント欄もしくは当ブログのTwitterアカウント(@fuji_seitaiblog)へのリプライ・DMにてその旨をお知らせください。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。