スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー TFロストエイジ ダイノボットスコーン

IMAG2432.jpg

リカラー品のジョルト→リデコ品のディスペンサーときた当ブログでのロストエイジ関連トイの紹介記事ですが、
発売から1週間経ってようやく完全新規のトイのご紹介です!

前回のバズソーの記事にて軽く触れていましたが、
今回ご紹介するのはあちこちで祭りを引き起こしているロストエイジ5月組の優等生なこいつ!
とにもかくにも良い出来なやつなので、詳しいレビューは続きからどうぞ↓

というわけで、『トランスフォーマー/ロストエイジ』より、
AD-05 ダイノボットスコーンです。

今回の映画の目玉とも言える恐竜⇔ロボットという変形を遂げるダイノ(ナ)ボットの内の1体で、
映画に登場するかが非常に怪しいキャラですね(^_^;)
※同時発売のグリムロックやスラッグはどうやら劇中にしっかり登場するようですが(苦笑)

ちなみに管理人は待ちに待ったスコーンの写真を取るのに夢中になり過ぎ
ちょこちょこ変形ミスをしたままの写真で投稿しておりますが、
反面教師にしていただこうという思いを込めてその都度文章でフォローしていこうと思います(>_<)

IMAG2427.jpgIMAG2428.jpg

ということで、まずはパッケージ両面です。
先日のディスペンサーとは異なり、正面左上にはCGではなくきちんとイラストが描かれています。

IMAG2429.jpg

ちなみにプロフィールには日本語文は無し。
前半部分をざっくり訳すと、彼は恐竜らしい(強靭な)顎と膨大な知性を兼ね備えている。といったところでしょうか。

IMAG2433.jpgIMAG2434.jpgIMAG2435.jpg

それではビーストモード3面、スピノサウルスがモチーフですね。
既にスコーンをお持ちの方はお分かりになると思いますが、さっそく変形ミスをやらかしています。

IMAG2436.jpg

本来であれば、上の写真のように後ろ脚の股関節をジョイントしなければいけないのですが、
管理人はそれに気付かず開封したままの状態で冒頭の1枚や3面写真を撮影してました(-_-;)

IMAG2438.jpgIMAG2437.jpg

きちんとジョイントし直し、映画「ジュラシック・パークⅢ」を思い出しながらティラノサウルスなお方と。
実際にスピノサウルスはティラノサウルスより華奢だったようですが、
さすがに1クラス分大きさが違うので厚みなどに差がありますね。

IMAG2439.jpgIMAG2440.jpg

ダイノボットの一員だけあって、きちんと口は開閉します。
変形の都合上口はもの凄い開き方をしますが、写真の程度の開き方でも十分な開き具合かと。

IMAG2441.jpg

こちらも変形パターンによる恩恵ですが、首にはロール軸と前後(この状態で言えば左右)への関節があり、
結構リアルな首の動き方をさせることが出来ます(^-^)

IMAG2442.jpg

更に顎の強度もけっこうなものなので、通りすがりの上等兵ぐらいなら楽々咥えられますよ(笑)

IMAG2443.jpgIMAG2444.jpgIMAG2445.jpgIMAG2446.jpg

それではロボットモードへ変形させていきます。
まず背中のひれを写真のように90°曲げ、
後ろ脚の膝横・脛の両サイドのパーツを開きつつ膝の2重関節を伸ばしていきます。

IMAG2447.jpgIMAG2448.jpgIMAG2449.jpg

次に後ろ脚の真中の爪パーツを10°たおしてやり、前脚の基部パーツのジョイントを外して腰を回転させます。

IMAG2451.jpgIMAG2452.jpgIMAG2453.jpg

前掛けをたおして背筋が伸びるようにし、腰辺りで前脚の基部パーツのジョイントをはめてやります。

IMAG2454.jpgIMAG2455.jpgIMAG2456.jpg

あとは腕を写真のように変形させれば変形完了です。

IMAG2457.jpgIMAG2459.jpgIMAG2460.jpgIMAG2461.jpg

ロボットモード4面です。
脛内側の黒っぽいパーツを殆ど開いていませんね(^_^;)
後日写真を挿し換えるか微妙なところ…。

IMAG2458.jpg

バストアップです。
鮮やかな赤色が甲冑のような身体によく似合っていますね~。

IMAG2462.jpgIMAG2463.jpg

サイズおよび密度の比較には先日紹介した悲劇の悪役ディスペンサーを。

背丈・密度ともなかなか頑張っているように思いますが、ディスペンサーの背中がとにかく目立ちます(笑)

IMAG2464.jpgIMAG2466.jpg

上半身の可動ですが、右腕は中心から左右に90度ずつ肘が曲がり、左腕は90度強曲がります。
肩は変形の都合上回転はするもののボールジョイントではありませんが、
ロール軸もあるので可動範囲はかなり良い方かと。

IMAG2467.jpg

続いて下半身ですが、膝は前後可動する2重関節なのでよく曲がりますし、太ももにはロール軸も完備。
都合上前後に動くつま先も足先そのものが大きいのでよく機能し、安定性も高いです。

IMAG2468.jpg

なお、1方向のみですが腰が回転するため、写真のように攻撃を避けるような動きも出来ちゃいます。

IMAG2472.jpg

尻尾にマウントできる付属武器は、取り外して持たせることも可能。

IMAG2474.jpg

ビースト時の口に咥えさせることも(笑)

IMAG2473.jpg

格ゲーのキャラ選択画面をイメージして。
こんなやついそうだと思いませんか?(笑)

IMAG2469.jpg

身体の構造がビーストウォーズの無印版メガトロンに似ているらしいのですが、
管理人は残念ながら未所持なので比較できず…。

IMAG2476.jpg

まぁスコーンがカッコいいから何でも許せますけどね(笑)

IMAG2477.jpg

というわけで、『トランスフォーマー/ロストエイジ』より、AD-05 ダイノボットスコーンでした。
各地で絶賛されているスコーン、届くのが本当に本当に楽しみでした。
開封してみると、某バイオゾ○ドを思わせる細かい造形小気味よい変形
良好な可動範囲カッコいいデザインと文句のつけようがない素晴らしい出来でした。
これまでに紹介したディスペンサーやジョルトの出来にも十分満足していましたが、
こいつは良い意味でとんでもないやつですね(笑)
複数購入をされた方がおられるのも納得な出来で、久々に2つ目が欲しくなるトイに巡り合えました。
ロストエイジの5月発売組はいずれも好評ですが、こいつは頭一つ抜けている気がしますので、
まだ購入されていない方はコアユーザーの複数購入の餌食になる前にゲットされることを強くオススメします!
それでは、今回はこの辺でノシ

おまけ
IMAG2479.jpg

スコーン「あのぅ、自分ロストエイジ出演希望のスコーンと言います…。デトクリフさんに認めていただいたら、出演権がもらえると伺ったんですが…。」スリスリ…
デトクリフ上等兵「オートボットの新入りですカ? 恐竜のくせにゴマをする手が何ともいやらしいデ~ス」
スコーン「あのぅ、そこを何とか…」
デトクリフ上等兵「うるさいデ~ス、恐竜は前に散々噛まれたから嫌いデ~ス」
スコーン「…(怒)」

※変形前の写真に繋がります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふじ

Author:ふじ
FC2ブログへようこそ!
機械音痴の学生ですがブログ
始めてみました。
備忘録も兼ねて趣味のあれこれに
ついて書いていこうと思います。
トイのレビュー記事と水泳の話題が
中心ですが、
よろしければどうぞ~ノシ

注意事項
当ブログの画像の無断転載は禁止とし、荒らしコメントと判断したものは削除させていただきます。
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。 相互リンク希望の方は、記事のコメント欄もしくは当ブログのTwitterアカウント(@fuji_seitaiblog)へのリプライ・DMにてその旨をお知らせください。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。