スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー HUNT for the DECEPTICONS ブリーチャー

IMAG1941.jpg

少し前の話題ですが、モンハン4Gの情報解禁がありましたね~。
管理人は身内とやる時は基本的に片手剣での状態異常狙いや乗りによるサポートを担当していたんですが、
味方の大剣などによる切り上げ後にジャンプ攻撃へと派生できるという新仕様が楽しみで仕方がありません(笑)

それさえあれば近接武器同士で攻撃時のポジション争いもせずに済みますし、
互いにストレスでしかなかった要素を逆に攻撃チャンスにできるのは非常に大きいと思います!

この秋発売予定らしいので、
続報を待ちつつモンハン4を再開して勘を取り戻しておこうというプレイヤーが続出しそう(管理人もその一人です(笑))。

と、今回のレビュー記事は好きなゲームの続編の話題から始まりましたが、
今回ご紹介するトイは昨日の記事で写真を載せていたこいつ!

ぶっちゃけどう見ても勇○な顔立ちですが、歴とした実写シリーズのトイですので詳しいレビューは続きからどうぞ↓

というわけで、『TRANSFOMERS HUNT for the DECEPTICONS』より、
ブリーチャーです。

先日紹介したファイアートラップ同様リベンジ~ダークサイド・ムーンの間の玩具展開のトイですが、
あちらと違いブリーチャーは『TRANSFOMERS HUNT for the DECEPTICONS』(以下、HFTD)の国内展開の
オートボットアライアンス(以下、AA)でもしっかりラインナップされています。

IMAG1942.jpgIMAG1943.jpgIMAG1944.jpg

まずはビークルモード3面、装甲車ですね。
我が家のブリーチャーは海外版なので国内版(未所持)とは青色の感じが少し違うそうです。
確か国内版は濃い青色だったはず。

IMAG1947.jpg

サイズ比較はここ最近では出ずっぱりのヘヴィトレッドと。
比較的丸っこい形状なので、ファイアートラップサンドストームよりもサイズ差がないように見えますね。

IMAG1945.jpg

砲塔は青色の基部が360°回転し、黒色の砲身部はC型ジョイントで取り付けられているので写真のように動かせます。

IMAG1946.jpg

1990年代のゴ○ラ映画でありそうな1シーン…(笑)

IMAG1948.jpgIMAG1949.jpgIMAG1951.jpg

それでは変形させていきます。
まずは砲塔を外して車体側面を展開、内部ジョイントを外して車体前方を写真のように持ち上げてやります。
また、車体前方の窓部分を180°回転させてやるのを忘れないように注意です(>_<)

IMAG1952.jpgIMAG1953.jpgIMAG1954.jpgIMAG1955.jpg

続いて腕部となる車体前方の側面部を展開し、ロボ時上半身各部のパーツを整えていきます。
4枚目の写真の右腕は変形前、左腕は変形後ですが、この状態まできていればあとは肘から外向き90°に回転すればOK。

IMAG1956.jpgIMAG1957.jpgIMAG1958.jpg

最後に下半身。
腰を180°回転させ、膝を伸ばして正面のひざ当て(?)と足首を整え、
はじめの方で開いたビークル時の車体側面部のパーツを閉じれば完成です。

IMAG1971.jpgIMAG1973.jpgIMAG1974.jpg

ロボットモード3面、非常にまとまりのよいヒロイックな体型だと思います。
6つもあるタイヤも無駄にかさばったりしておらず、見るからに干渉の少なそうな感じ。

IMAG1972.jpg

バストアップ。
我が家の撮影環境のせいで目のあたりが少し分かりにくいですが、
どう見ても勇者ロボ系列の顔ですね…(苦笑)

IMAG1976.jpg

サイズ比較は個人的には近年随一のイケメンであるアルマダスタスクと。
こうして並べて見ると、ブリーチャーが合体ロボの素体か何かに見えてしまいます(^_^;)

IMAG1977.jpg

続いて上半身の可動について。
肩・肘・手首にはボールジョイントがあり、肘は90°あまりまで曲がります。
また、肩の○部分に平行な方向には写真の角度以上にも回転させられますが、あまりやり過ぎると変な格好に。

IMAG1981.jpgIMAG1987.jpg

膝は90°曲がりますが前後方向のみに可動し、太ももは干渉もほぼ無いので前後及び開脚方向に90度ほど開きます。
また、足首が可動するおかげで立て膝もすんなり出来ちゃいます。
他にも変形の都合で腰も360°回転するなど、クラス不相応の可動範囲を誇ります。

IMAG1975.jpg

3面では背中に取り付けていましたが、上記のようにC型ジョイントなので対応箇所ならあちこちに付け替えができます。

IMAG1965.jpgIMAG1966.jpg

左の写真から分かるように、ブリーチャーの拳にはC型ジョイントの受け部分があるので、
右の写真のように武器を取り付けられます。

IMAG1982.jpg

こちらは肘あたりに取り付けた状態。
個人的には背中かこの位置に取り付けるのが好きですね~(^-^)

IMAG1985.jpg

ちなみにC型ジョイントの受け部分は左右対称なので、左腕にも同様に取り付け可能。

IMAG1989.jpg

今回は写真等で紹介していませんが、
以前紹介したスカイストーカーの武器もC型ジョイントを利用して取り付けることが可能。
金銭的に余裕が出来たらCジョイント対応武器の多いやつを購入してあれこれ付けて遊びたいですねぇ…(-_-;)

IMAG1986.jpg

上手くバランスをとってやれば片足立ちでハイキックも可能。
ホント何でも出来ますねぇ、こいつ(笑)

IMAG1980.jpg

国内では「グランドシェイカー」名義で発売されそうになったものの未遂に終わったこいつ。
海外版しか持っていませんが、個人的には未遂で良かったと思います。

IMAG1991.jpg

というわけで、『TRANSFOMERS HUNT for the DECEPTICONS』より、ブリーチャーでした。
各所で散々言われていますが、本当に勇者ロボにしか見えない顔ですね(笑)
可動面と言い造形と言い、良トイ揃いの実写系のスカウトクラスの中でも一番良いトイなんじゃないかと思いますが、
それでも太ももにロール軸、もしくは膝をボールジョイントに…という贅沢を言いたくなってしまう出来ですね。
また、これだけ良い点ばかり上げられるようなトイだけあって、現在では入手がかなり困難な気がします(>_<)
管理人は半年ほど前に偶々トイショップの通販で海外版の新品を見つけてすぐに購入しましたが、
それでも元の価格の倍近くしましたし、国内版の方だと更に入手難易度が上がりそうです…。
出来自体は入手難易度相応ですので、もしもどこかで見つけられたら是非とも確保してもらいたいトイですね(^-^)
それでは今回はこの辺でノシ

おまけ3コマ(サンドストームのおまけの続き)
IMAG1993.jpg

ブリーチャー「ファイアートラップがスタスクにやられそうだって?勇者が来たからにはもう安心!」

IMAG1995.jpg

ブリーチャー「ん!?これは一体…」
サンドストーム「あぁ、ジム神様に頼んだらやっつけてくれたんだよ。まぁ本当はジム神様じゃないらしいんだけど」

IMAG1996.jpg

ブリーチャー「よく分からんがこれじゃ勇者が形無しだよ!おいスタスク、ジム神とやらと何があったんだよ!!」
アルマダスタスク「色々、あったな……」
ブリーチャー「名台詞でごまかすんじゃないよ!これじゃあ勇者の活躍シーンが無くなるだろ!?」
ファイアートラップ「(こいつ今さらっと酷い事言ったな…)」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふじ

Author:ふじ
FC2ブログへようこそ!
機械音痴の学生ですがブログ
始めてみました。
備忘録も兼ねて趣味のあれこれに
ついて書いていこうと思います。
トイのレビュー記事と水泳の話題が
中心ですが、
よろしければどうぞ~ノシ

注意事項
当ブログの画像の無断転載は禁止とし、荒らしコメントと判断したものは削除させていただきます。
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。 相互リンク希望の方は、記事のコメント欄もしくは当ブログのTwitterアカウント(@fuji_seitaiblog)へのリプライ・DMにてその旨をお知らせください。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。