スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水泳 2014年4月1・2日のメニュー+用語解説ライト版3

今日はレビュー記事ではなく水泳の記事でも。

先週と今週は観ていた番組が色々と終わったり始まったりで、
嬉しいやら悲しいやらなかなか複雑な心境で過ごしている管理人なんですが、
中でも衝撃的だったのはやっぱり『笑っていいとも』が終わったことですね~(^_^;)

管理人は現在20代前半なので、あの番組が無い生活は人生初めてのこと。
「どうせいつでも放送してる」という考えからここ数年は意識的に観ることも少なくなっていましたが、
いざ終わってみると不思議な気分です(そういう方は多いと思います)。

たま~にひょっこりとでも帰ってきてくれると嬉しいなぁとか思いつつ、そろそろメニューの方へ↓

2014/4/1 15:50~
W-up 50*6 ch 55"
Loosen 50*1 ch 1'
Kick 50*8 ch 1'
Main 50*2 ch middlepace 1'
Down 50*2
Total:850m

昨日は何となく身体の調子があまり良くないように感じたので、
いつぞやの練習に負けず劣らずの極々短い距離しか泳ぎませんでした(というか泳げませんでした)。

どんなスポーツでもそうだと思いますが、身体の故障や精神的な不調のある時は
無理をして運動しても却って逆効果になることの方が多いです。

「明日は気持ちよく泳ごう」というつもりですぐに上がってしまいましたが、
実際に今日はとても気持ちよく泳げたので選択として間違ってなかったと思います(自画自賛ですねw)


2014/4/1 14:50~
W-up 50*6 ch 55"
Drill 25*4*4 1~4t:IMorder KRLS(byset) 35" (1' setrest1')
Swim 25*2*8 1t:Sc,2t:Pull 1,5set:Fly, 2,6set:Ba, 3,7set:Br, 4,8set:Fr 45"(1' setrest1')
Loosen 50*2 ch 1'
Main 50*4*3 1set:act2, 2set:act1, 3set:IMorder 1'10 setrest30"(1'15 setrest1')
Down 50*2
Total:1800m

以前の用語説明(ライト版2の方)で紹介したIMorderに加え、新用語がいくつか登場しますが詳しくは下で。

先日の1500m自由形のタイムトライアルの結果が今ひとつだったので、
普段の練習に変化を持たせるためにコーチに練習用のメニューを作っていただきました(管理人と近い泳力の方用の物を流用)。

社会人スイマーの方のレッスンに参加させていただいている身なので今まで遠慮していたんですが、
タイムが今一つだったことを割と真剣に悩んでいる事をコーチに伝えたところ、
コーチの方からメニュー作成を買って出てくださいました(管理人が女性だったらきっと惚れていました)

これまでの自分の作成したメニューに比べると、
あれこれやりつつもしっかり休むときは休むというメニューになっているのが見て取れるかと思います。

…が、今日はプールが非常に混んでいまして
ゆっくり休んでいると方々から鋭い視線が飛んでくるような状態だったので、
各行右端の()内の本来のタイムではなくその左にある短縮タイムで泳ぎました(-_-;)

短縮したタイムでも泳げないことはないんですが、
急げばいいって内容でもないので急いだ分ただただ疲労が増す結果に。
とても気持ちよく泳げたものの、今後は泳ぎに行く時間も考えないといけないなぁと痛感する1日でした…。

というわけで、ここからは3回目の用語解説。
前回、「もう大体書いた」とか言っていたくせにコーチのメニュー中に早速あれこれ新用語が出てきてしまったので、
今回はそれに対応する物を中心に書いていきます。


KRLS
読み方は「カールス」(←恐らく俗称ですが、これで通じなかったことはないです)。
Kick、Right、Left、Swimの頭文字をとったもので、これが書かれていれば
文字通り「キック」→「右手のみのスイム」→「左手のみのスイム」→「普通のスイム」という内容を指します。

SKPS
読み方は「エスケーピーエス」または「スキップス」で、KRLSと違いPull(=プル)を行います。
似たものにKPSやSKPなどがありますが、いずれも頭文字に対応した泳ぎをするというものです。

act1(ACT1とも)
読み方はそのまま「アクトワン」で、基本的に4本単位のワークで使われる用語です。
「1本目は往路Flyで復路がBa、2本目はBa→Br、3本目はBr→Fr、4本目はFr→Fly」という数珠つなぎのような内容です。

act2(ACT2とも)
読み方はそのまま「アクトツー」で、こちらも基本的に4本単位のワークで使われる用語です。
「1~4本目の往路はそれぞれFly、Ba、Br、Frで、復路はいずれもFr」というもので、act1より少し分かり易いですね。

○*△*□
用語というほどのものではないと思い、初回から何の説明も無しに使っていましたが、この機会に説明を。
○は「1本当たりの距離」、△は「本数」、□は「セット数」をそれぞれ表しています。

△t
「t」は本数を表す時に付けます。
例えば「2t:Fly」なら、「2本目はバタフライで泳ぐ」という指示になります。

□set
「set」はそのままセット毎のあれこれを表す時に使います。
例えば「1set:act1, 2set:act2」なら、「1セット目はact1、2セット目はact2で」という指示になります。


とりあえずこれぐらいでしょうか。
これまでのライト版12と合わせて見てもらうだけでも、結構な情報量になってきたんではないかと(またもや自画自賛w)

実は管理人がこれまで経験したメニューの中にはまだ紹介していないワークや用語がいくつかあるんですが、
それらの大半は長距離選手向けのものであったり所謂「しごきメニュー」であったりするので、
余程の要望がない限り紹介する予定はありません(多分ないとは思いますがw)

というわけで、冗談も交えつつ長々とあれこれ書きましたが今回はこの辺でノシ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふじ

Author:ふじ
FC2ブログへようこそ!
機械音痴の学生ですがブログ
始めてみました。
備忘録も兼ねて趣味のあれこれに
ついて書いていこうと思います。
トイのレビュー記事と水泳の話題が
中心ですが、
よろしければどうぞ~ノシ

注意事項
当ブログの画像の無断転載は禁止とし、荒らしコメントと判断したものは削除させていただきます。
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。 相互リンク希望の方は、記事のコメント欄もしくは当ブログのTwitterアカウント(@fuji_seitaiblog)へのリプライ・DMにてその旨をお知らせください。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。