スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー TF CYBERTRON エクセリオン

excellion (6)

早いもので今日から11月、今年ももうあと残り2ヶ月なんですねぇ…。
今年は就職活動やら研究関連の発表やらに追われていたのもあり、余計に短い1年に感じます(苦笑)
就職したら今よりも更に早くなるんでしょうか…。

さて、そんなことを言いつつ今回ご紹介するトイは、金色のファイヤーパターンが美しいこのトイです!
半年ちょいぶりのレビュー記事ということで緊張しまくりですが、何はともあれレビューは続きからどうぞ↓

ということで、『TRANSFORMERS CYBERTRON』より、
エクセリオンです。

本トイは、「トランスフォーマー ギャラクシーフォース(以下GF)」で登場したエクシリオンというキャラクターのトイをリカラーし、
エクセリオンという別キャラクターとして海外限定で発売したものになります(海外版エクシリオンはホットショット名義のため別人)。

なお、リカラーするにあたっての配色は赤・橙・金色を基調としてファイヤーパターンを持った
所謂「ロディマスカラー」が採用されているため、「ロディマスコンボイ(=ホットロディマス)の色をしているが、
スパリン・海外版GFのホットショット(=マイ伝ホットロッド)とは別人
」という非常にややこしいキャラになっています(苦笑)
ちなみに国内ではファイヤーパターンこそないもののロディマスを意識したであろうカラーリングのエクシリオンが出ていたり…。

excellion (9)excellion (10)excellion (11)

それではいつも通りビークルモード3面から。
車体前方の金色のファイヤーパターンが美しいのもさることながら、
ホイールなどもばっちり塗装されていて個人的には文句無しの外観です(^-^)

excellion (12)

比較対象にはたまたま近くにあったコンバイナーウォーズ版のブレークダウンを。
どちらもデラックスクラスのトイではありますが、やはり2005年ごろのトイの方がボリューミーですね~。

excellion (47)

お次は付属品である武器(ミサイルランチャーとミサイル)とフォースチップ。
GF特有のチップ挿入によるパーツ展開ギミックのイグニッションは海外トイでも勿論可能で、
エクセリオンには日本で言う惑星スピーディアのフォースチップが付属します。

excellion (13)

ミサイルランチャーはロボット時に手に持つことが出来る以外だと、車体上部にこのように装着することが出来ます。
ちなみにミサイルはランチャー上部のオレンジのフックを引くことで発射されるオーソドックスな仕組みですが、
ランチャー・ミサイルともにクリアパーツなので一応扱いには注意が必要かと(>_<)

excellion (8)

で、肝心のフォースチップはどうかと言いますと、
車体後方から見える隙間に挿入してやることで…

excellion (7)

このように車体後方からクリアカラーのウイングが展開され、更にロディマスらしくなってくれます(笑)

excellion (48)

こんな風にビークルモードの時でも展開ギミックを楽しめるエクセリオンですが、
こうして車体側面のパーツを開くとハンドルや座席がきちんと造形されているのが確認できます。
ちょっとしたことではあるものの、やっぱりこういう拘りのような部分があると嬉しいですね(^-^)

excellion (26)excellion (27)

イグニッションギミックや気に入った造形箇所のお話も終わったところで、ここからはロボットモードへと変形させていきます。
まずは車体側面のパーツを前方に展開しつつ車体上部のパーツを写真のように持ち上げ、前後180度クルンと回転させます。

excellion (28)excellion (29)

それが終われば車体の前方・後方をそれぞれ左右に分割し、
大腿部を引き出すように車体後方を下ろしつつ肩やつま先の位置を調整すれば変形完了です。

excellion (32)excellion (33)excellion (34)

エクセリオン、ロボットモード3面です。
変形することで黒色の割合が増え、ロディマスっぽい雰囲気が幾分おさまったような気がしないでも…って感じでしょうか(^_^;)
なお、変形の説明では一度フォースチップを取り外していましたが、ここではもう一度挿入しています。

excellion (31)

バストアップです。
リカラー元のエクシリオンが若い戦士であったこともあって全体的に若々しい感があり、非常に凛々しい顔をしています。

excellion (20)

サイズ比較は再びブレークダウンと。
ギミックをトイ内部に詰め込む方向性の強かった頃のアイテムということもあり、
デラックスクラスとはいえやはりボリューミーですね。

excellion (35)

上半身の可動は3面写真等からも分かるように肘のボールジョイントの位置が低いことと、
肩・上腕それぞれが独立した可動域を持っていることが大きな特徴でしょうか。

具体的には、肘のボールジョイント以外に肩が前後方向に360度回転して上腕が内向き(横方向)に可動するというもので、
90°曲がる肘にこれらの可動を組み合わせて動きに表情付けをしていく感じですね。
※頭部は横方向のみの可動で上下可動はありません。

excellion (17)

続いて下半身の可動について。
素立ちの状態から股関節は左右合わせて45°ほど横に開いて膝の方も90°しっかり曲がるものの、
縦方向の開脚は腰と太股の干渉で30°ほど、つま先は伸ばした状態から90°直角に曲がるのみ…と何とも惜しい感じ。
※マイ伝の「STDコンボイ」をお持ちの方は、そちらの下半身と同じようなものを想像していただければ良いかと。

excellion (1)

上半身下半身とも可動にはクセがあるものの、組み合わせればポージングはそこそこいい感じに。
それ以外だと背中のパーツが変形の都合で左右に傾いてしまうことがあるのですが、まぁそのあたりは仕方ないですね(^_^;)

excellion (50)

ミサイルランチャーはクリアパーツかつ上腕のパーツが干渉して浅くしか持てないため、扱いには若干注意が必要。
せっかくカッコいい造形とカラーリングの付属武器なのに勿体ないですねぇ…。

excellion (46)

ちなみにそんなミサイルランチャーには、ブレークダウン型の背中の5㎜径の穴にはピッタリ入るというミラクルが。
ブレークダウン自体を比較対象に選んだのは偶然なのですが、これには思わず声を上げました(笑)

excellion (19)

武器を取り返して反撃開始! 的な。
今回撮影した中でもお気に入りの1枚です(^-^)

excellion (42)

付属武器とまさかの干渉を起こす上腕部ですが、よく見ると内側にミサイルのような造形がされているのが嬉しいです。
正直GFの知識は殆どありませんが、リカラー元のエクシリオンは腕からミサイルを出すキャラだったんでしょうか…?

excellion (43)

凛々しい顔立ちも相まって、ちょっとしたポージングでも素直にカッコ良いと思えますね~。

excellion (39)

干渉を避けてしっかり持たせることの出来る武器を探して管理人がいきついたのは、シルバーボルトの付属武器。

excellion (3)

つま先が伸ばせるのを利用して立て膝っぽくすれば、砲身のパースも効いて良い感じの見栄えに(^-^)
個人的には、かなりしっくりくる武器なんじゃないかと思います。

excellion (40)

某エフェクトパ-ツを利用したもう1枚のお気に入り写真です。
あれこれTFを集めていく中で、こういった組み合わせの妙が楽しめるのはやっぱり良いですね(笑)

excellion (38)

最後は自身の武器に持ち換えて1枚。

excellion (36)

ということで、『TRANSFORMERS CYBERTRON』より、エクセリオンでした。
GF放送当時はTFから殆ど離れていたのもあってレビュー記事等で知ったエクシリオン型のうちの1体ではありますが、
ロディマスっぽいカラーリングや玩具らしいカッチリ感が非常に好みで、独特の可動や付属武器がポロリしやすいのを
差し引いても満足度はここ最近入手したトイの中でも高いです(^-^)
GF玩具は全体的に出来の良いイメージがあったもののアニメの方に馴染みが薄いのもあって何となく買い控えていましたが、
これは新しい沼に嵌まってしまったかもしれませんねぇ…(何
それでは今回はこの辺でノシ

おまけ
excellion (44)

某ウェブナイトと。
エクセリオンの顔を初めて見た時は似てると思ったんですが、並べてみると案外そうでもありませんでした(^_^;)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

エクシリオンカッコいいですよね。
僕は一応通常カラーを持っているのですが今見ても完成度高いです。
gfの玩具はどれも完成度が高くいいですよね。
サウンドウェーブ欲しかったなあ…。

Re: No title

keitai70さん、コメントありがとうございます!

> エクシリオンカッコいいですよね。
> 僕は一応通常カラーを持っているのですが今見ても完成度高いです。
> gfの玩具はどれも完成度が高くいいですよね。
> サウンドウェーブ欲しかったなあ…。

一応別キャラ扱いのようですのでエクシリオンと言っていいかは分かりませんが、
可動範囲もそれなりにあってイグニッションギミックもあってと凄く楽しめるアイテムですね~(^-^)
中古屋でも少しずつ見なくなってきましたが、機会があれば他のトイにも触れてみたいものです。

No title

 あらためまして、おかえりなさい★
 2005年頃といいますと、実写映画化のアナウンスがされ始めた頃でしたかね。 当時私はBWⅡ以来TFから離れて、と言いますか…すっかり忘れていたのですが(^^;) …そんな頃にこういうTFがあったなんて知りませんでした。
 イグニッション機構は目新しく感じますね~。 現行品との比較でサイズ等のイメージも掴めました(^^) 個人的な印象としましては「TAVのドリフトのお弟子さんが成長するとこんな感じの青年になるかも?」みたいな。 GFに馴染みが無い分、キャラの捉え方も遊び方も、自由度が増すかも知れませんね?
 久々のレビュー、お疲れ様でした♪ またお邪魔出来て楽しかったですよ★

Re: No title

アウトキャストさん、コメントありがとうございます!

>  あらためまして、おかえりなさい★
>  2005年頃といいますと、実写映画化のアナウンスがされ始めた頃でしたかね。 当時私はBWⅡ以来TFから離れて、と言いますか…すっかり忘れていたのですが(^^;) …そんな頃にこういうTFがあったなんて知りませんでした。
>  イグニッション機構は目新しく感じますね~。 現行品との比較でサイズ等のイメージも掴めました(^^) 個人的な印象としましては「TAVのドリフトのお弟子さんが成長するとこんな感じの青年になるかも?」みたいな。 GFに馴染みが無い分、キャラの捉え方も遊び方も、自由度が増すかも知れませんね?
>  久々のレビュー、お疲れ様でした♪ またお邪魔出来て楽しかったですよ★

改めまして、ただいまです(^-^)
またぼちぼちとレビュー記事を上げていこうと思いますので、お付き合いいただければ嬉しく思いますm(_ _)m

話は変わってレビュー対象のエクセリオンについてですが、
このアイテムの登場時は自分も丁度TFから離れていた時期だったので、
近年のアイテムとは方向性の異なるギミックや密度感が非常に新鮮に感じますね~。

仰る通りTFアドベンチャーのドリフトの弟子達にもどことなく似たカラーリングですし、
あれこれ自分ならではの設定を加えた遊び方をしても良さそうですねb
プロフィール

ふじ

Author:ふじ
FC2ブログへようこそ!
機械音痴の学生ですがブログ
始めてみました。
備忘録も兼ねて趣味のあれこれに
ついて書いていこうと思います。
トイのレビュー記事と水泳の話題が
中心ですが、
よろしければどうぞ~ノシ

注意事項
当ブログの画像の無断転載は禁止とし、荒らしコメントと判断したものは削除させていただきます。
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。 相互リンク希望の方は、記事のコメント欄もしくは当ブログのTwitterアカウント(@fuji_seitaiblog)へのリプライ・DMにてその旨をお知らせください。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。