スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記 トランスフォーマー博に行ってきました(その2)

IMAG4935.jpg

皆さんこんばんは、管理人のふじです。
8月最後の週末、いかがお過ごしだったでしょうか。
管理人は神奈川にやって来て以来毎週末どこかしらに出かけてはあれこれ買い摘まんだりしているのですが、
それは一先ずおいておきまして、相互リンクのお知らせをば。

この度、アルフェス2010さんの運営されている「ひげひげな、おもちゃの日常」と相互リンクさせていただきました!
こちらはTFのレビューブログとしては超有名なブログ様で、トイに限らずあんな物やこんな物までレビューされている
大先輩ブログ様ですね(具体的にどんなものを扱われているのかはリンクからどうぞ)。

今回の記事で触れますTF博の会場でもご本人とお会いしていたり(その節はこちらからご挨拶に伺えずすみません)と、
相互リンク先のブログの管理人様の中では数少ない管理人との面識のある方だったりします(だから何だ)
アルフェスさん、こんな感じのブログと自分ですが、今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m
※前置きで書きたいことを書きまくった結果長くなってしまったので、前置きは抜きで(笑)

ということで、今回は2014年8月9日~8月17日まで神奈川県のパシフィコ横浜にて開催されました
「トランスフォーマー博」についての感想記事(その2)になります。

以前ご紹介したその1の記事では8月9日の初日参加時のあれこれでしたが、
今回はちょうど神奈川入りが8月17日だったことを良いことに訪れた最終日の感想記事になります。

IMAG4933.jpg

それでは、まずは入場直前のお話から。
初日こそ事前に購入した特典付き前売り券で入場した管理人ですが、
さすがに2枚も券は無かったため最終日は写真の当日券で入場しました。

当日券にはロストエイジの新オプティマスのトイのパッケージイラストがあしらわれており結構カッコいいんですが、
TF博も終わってしばらく経ってこうして見るとオプティマスが我先にと入場しようとしている姿に見えてきたり(笑)

IMAG4936.jpg

いよいよ入場していきますと、オートボットのインシグニアと「ENTER」の文字による誘導が。
入った直後にある誘導指示パネルなんですが、初日・最終日ともこの前で立ち止まって
このパネルの話をされている方がちらほら見受けられました。

IMAG4940.jpg

指示に従って入場していくと、その1の記事でご紹介した「トランスフォーマーとは」というパネルのそばに
歴代司令官のトイ達が勢ぞろいしていますが、そちらはやはり人気で上手く撮れず割愛(^_^;)
写真の「前史」から始まる、両軍の歴代リーダートイが立ち並ぶ列へと移動していきます。

IMAG4942.jpg

先ほどの「1980 前史」に続いてやってくるのは、初代アニメ版に合わせた仕様のトイが登場する「1984 誕生」。
ダイアクロンやミクロマンといった既存の国内玩具シリーズが、海外でTRANSFORMERSとして販売されたんですね。

IMAG4943.jpg

そこから10余年、「1997 進化」。
管理人の世代がドストライクのビーストウォーズシリーズでは、
それまでの「車や武器からの変形」から「動物や昆虫からの変形(変身)」へと形を変えるとともに、
従来のトイに比べて可動を重視したフリーポーザブル仕様へと変化していきます。

IMAG4944.jpg

それから3年が経ち、
TF日本上陸から15年が経ったことを機に再び「クルマからの変形」へと逆変化を遂げる「2000 回帰」。
某作品により海外では終焉を迎えようとしていたTF人気を再燃させた「カーロボット」をはじめ、
日米共同製作となるアニメシリーズ等が展開されていきますね。

IMAG4945.jpg

そしてそして、現在のTFの地位を築く基盤となる、「2007 革命」。
誕生から20余年が経ち、最先端のCGで活き活きと描かれたTFたちの姿を観たことをきっかけに
TF熱が再燃した方も多いのではないかと思います(管理人もそのうちの1人です(笑))。
※ちなみにこの先には、「20?? 未来」の文字が。

IMAG4946.jpg

時系列の紹介から先は、実写旧3部作のコーナーへ。
以前ご紹介したメガトロンの頭部以外にも、2007年公開の1作目のキーアイテムである「キューブ」が展示されています。

IMAG4947.jpg

更に進んでいくと、旧3部作(正確にはTF3?)でバンブルビーが変形するカマロがあったり。

IMAG4954.jpg

以前もご紹介した数々のジオラマを越えると、ロストエイジの主要キャラ達の大きさを示したパネルが。
はじめにご紹介するのは、先日も再びトイをご紹介したドリフトです。
この表示によると、人間のおおよそ3倍の大きさのようですね。

IMAG4955.jpg

続いては我らがオプティマスプライムです。
さすがリーダーと言える大きさですね~。

IMAG4956.jpg

お次は実写シリーズのマスコット(?)であるバンブルビー。
シルエットを見るに今作からの新たな姿での大きさ表示ですが、ドリフトよりも少し大きいようですね。

IMAG4959.jpg

そして、バンブルビーとクリソツ(死語?)なロボットモードであるスティンガー(そっくりな理由はロストエイジ本編にて…)。
どうやらバンブルビーよりも1フィート大きいようですが、一体どこで1フィート稼いでいるのやら(笑)。

IMAG4957.jpg

5枚目のパネルは、今作最大の敵として紹介されているロックダウン。
(うちでは絶賛レビュー待ちの)デラックスクラスの彼とは違い、ビーやドリフトより数フィート大きい設定のようです。

IMAG4958.jpg

6枚目は巷で大人気の「ヘアリー」ことクロスヘアーズなんですが…27フィート!?
劇中ではドリフトと変わらない程度の大きさだった気がするんですが、随分と大きいんですね…(^_^;)

ちなみにこれ以外には「その1」の記事でご紹介したグリムロックとの比較を兼ねた7枚目のパネルがあるのみで、
ハウンドやガルバトロン、グリムロック以外のダイノ(ナ)ボットのパネルは残念ながらありませんでした(>_<)

IMAG4966.jpg

続いては、最終日のステージイベントその1「コンボイの謎をやってみた」です(正式名称はもうちょい長め)。
これはなんと、伝説のク○ゲーとしてTFファンのみならず多くのゲーマーの間で有名なFCソフト「コンボイの謎」を、
先着15名ほどの来場者の方々がチャレンジするという企画です(^-^)

管理人は当日Twitterにて各挑戦者の方々のチャレンジの内容を実況していましたが、
オリジナル版のソフトを遊んだことのある大人の挑戦者の方の中にはアイテムをゲットして
ゲームの主人公であるウルトラマグナスをパワーアップさせて会場を沸かせる猛者も居られたりしました(笑)

IMAG4971.jpg

が、挑戦者の方々の奮闘も虚しくイベントももう終了かと思った矢先、「スタッフによるお手本プレイ」が実施されました!
これまでの挑戦者とは全く異なる戦法(というより切り抜け方)であれよあれよと進んでいき、
写真に写る2面ステージまで突入することで開場は大盛り上がりを見せておりました(^-^)

ちなみにゲーム画面をよく見ていただくと左上にスコア表示が見えるかと思うのですが、
スコアが100(敵1体に攻撃がヒットすればOK)に達した挑戦者には特製うちわがプレゼントされておりました。

IMAG4574.jpg

その後しばらくは初日同様トイの展示コーナーを巡っていた管理人ですが、
どうしても↑の写真(撮ったの自体は初日)のコーナーに注目してしまいました(笑)

これらは商品検討用の試作品をまとめた展示だったのですが、
某ゴリラ司令官にふさふさとした毛が生えていたのがとても印象的でした!

IMAG5030.jpg

ステージ中央ではあれこれ車が展示されていたことは以前の記事でもお伝えしましたが、
スティンガーの隣にはロックダウンが変形するランボルギーニ・アヴェンタドールもばっちり配置。
つやつやピカピカのボディが非常にカッコよく、いつまでも眺めていたくなる車でしたね~。

IMAG4540.jpg

さらに、ロストエイジでバンブルビーが新たにスキャンする新型のカマロもしっかりと配置されておりました。
記事冒頭の方のカマロとはちょっと違うようですが、管理人にはあんまり違いが…(オイ

IMAG4615.jpg

以前TFとコラボ商品を販売したTOYOTAクルーザーなんかも会場に来ておりましたよ~。

IMAG5003.jpg

そしていよいよフィナーレ謝恩イベント、「大ジャンケン大会」が始まります。
ステージ上のアイドルユニット「NEOドルちゃん」の方々やアニメイテッドオプティマスやバンブルビーとジャンケンし、
見事勝利した方には豪華プレゼントが!というイベントでしたが、管理人はあえなく全敗…(^_^;)

せめて残り5人程度というところまで勝ち残れば「コンボイの謎をやってみた」のイベントでプレゼントされたうちわが
敗者用プレゼントとしてゲットできたのですが、そこまで勝ち残ることすら出来なかったのが非常に悔しい!

IMAG5017.jpg

なお、こちらのステージイベントの模様も当日Twitterにて実況していたのですが、
「イベントに参加したゲストの方々のサイン入りポスターやうちわ」をはじめ、
「その1」の記事でご紹介した「STAFF ONLYのメガトロンパネル」に留まらず、
「会場に配置された車への搭乗&撮影権(各1名ずつ)」などの計10数点のプレゼントを巡るという
フィナーレを飾るに相応しい大盛り上がりを見せたイベントでした(^-^)

IMAG4977.jpg

ということで、「トランスフォーマー博」についての感想記事(その2)でした。
興奮し過ぎて結構な量の写真がブレブレだったりしたためご紹介出来た写真はほんの一部ですが、
30年で培われたTFの持つ魅力がギュッと詰まったような非常に豪華な内容で、
初日だけでなく最終日に訪れる機会が得られたのは本当に本当に幸運でした。
その1の時と繰り返しになりますが、色んな方とお会いして話せたことやTFの30年の歴史の一端に触れたことは
とても貴重な体験だったと思いますし、半年前にブログを始めた頃の自分では想像も出来ない多くの事も経験できました。
現在TF博の後夜祭的なキャラバンイベントが日本各地で展開されていたりと未だ興奮冷めやらぬイベントに感じますが、
もしもまたどこかで開催されるのであれば、また何度でも訪れたいと心底思える2日間でした。
ブログ開設から半年という節目にこの記事を書いたのも何かの縁(ホントはレビューのネタ切れですが)と思い、
次回こういったイベントが開催される頃までは細々とでもブログを続けていけたらなぁとか考えています(笑)
それでは今回はこの辺でノシ

IMAG4980.jpg

初日には買えなかったあれこれを物販コーナーで買いまくりましたが、それらについてはまたいずれ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 詳細なレポートをありがとうございます★
 TF史のコーナー、私もじっくり見てみたかったです(^^) ミクロマンやダイアクロン等は一部しか憶えてませんがガンロボ・ブローニングはリアルなモデルガンに紛れて持ってましたよ(←TFにはなりませんでしたが)。私の場合、ちょうどG1期に小さかった従弟と玩具で少し遊んだ程度だったのですが、BWⅡ期に数点購入したっきりで…実写以降ですね、本格的にハマったのって。
 会場の皆さんもそうやって思い出しながら展示物をご覧になってたんでしょうね、きっと。
 

No title

TFの歴史も長いものですねえ。
大きさを示したパネルは遊ぶ時の参考になりました。
しかしドリフト、オートボットの中で一番小っちゃいのに劇中ではあんなでかいヘリコプターに変形するとは(笑)
スティンガーが1フィートでかい理由はたぶんパウガーニアイラの時の余った分の質量だと思う。
ロックダウン22フィートはちょっと小さい。劇中では25フィートくらいだったと思う。
クロスヘアーズでかすぎ!27フィートな訳無い!

にしてもアヴェンタドールかっこよかったですね。

Re: No title

アウトキャストさん、コメントありがとうございます!

>  詳細なレポートをありがとうございます★
>  TF史のコーナー、私もじっくり見てみたかったです(^^) ミクロマンやダイアクロン等は一部しか憶えてませんがガンロボ・ブローニングはリアルなモデルガンに紛れて持ってましたよ(←TFにはなりませんでしたが)。私の場合、ちょうどG1期に小さかった従弟と玩具で少し遊んだ程度だったのですが、BWⅡ期に数点購入したっきりで…実写以降ですね、本格的にハマったのって。
>  会場の皆さんもそうやって思い出しながら展示物をご覧になってたんでしょうね、きっと。

ちびっこたちprimeやGo!、実写シリーズの周りに多かった印象ですが、
自分に近い年代の方はやはりビーストウォーズシリーズの展示トイの周りで盛り上がってましたね~。

自分の場合は逆にG1等に馴染みが薄かったので、
会場で販売されていた「TFジェネレーションズデラックス」を購入して最近勉強したりしています(笑)

Re: No title

keitai70さん、コメントありがとうございます!

> TFの歴史も長いものですねえ。
> 大きさを示したパネルは遊ぶ時の参考になりました。
> しかしドリフト、オートボットの中で一番小っちゃいのに劇中ではあんなでかいヘリコプターに変形するとは(笑)
> スティンガーが1フィートでかい理由はたぶんパウガーニアイラの時の余った分の質量だと思う。
> ロックダウン22フィートはちょっと小さい。劇中では25フィートくらいだったと思う。
> クロスヘアーズでかすぎ!27フィートな訳無い!

クロスヘアーズの大きさはやっぱり疑問に思いますよね~(笑)
間違いであってほしいものの、あれだけ大々的にパネル展示された数字が間違いだったとは
ならないんでしょうね…(^_^;)

> にしてもアヴェンタドールかっこよかったですね。

ですね~。
ロストエイジに登場するビークル、恐竜はいずれもカッコ良いと感じますが、
ロックダウンが変形するあの車は数ある敵キャラの中でも随一のカッコ良さだと思います(^-^)
プロフィール

ふじ

Author:ふじ
FC2ブログへようこそ!
機械音痴の学生ですがブログ
始めてみました。
備忘録も兼ねて趣味のあれこれに
ついて書いていこうと思います。
トイのレビュー記事と水泳の話題が
中心ですが、
よろしければどうぞ~ノシ

注意事項
当ブログの画像の無断転載は禁止とし、荒らしコメントと判断したものは削除させていただきます。
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。 相互リンク希望の方は、記事のコメント欄もしくは当ブログのTwitterアカウント(@fuji_seitaiblog)へのリプライ・DMにてその旨をお知らせください。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。