スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー TFロストエイジ リベンジオプティマスプライム

IMAG3715.jpg

お知らせが遅くなってしまいましたが、今回も相互リンク追加の件から。
keitai70さんが運営されている、「クリフジャンパーの500日間」と相互リンクさせていただきました。

こちらはTFトイを用いてのショートストーリーを中心に運営されているブログで、
記事を見ているとTFへの愛がヒシヒシと伝わってきます(^-^)
keitai70さん、今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

と、お知らせも終わったところで、今回の記事のお話。
今日はいよいよADシリーズ7月組の発売ということで、その前に5月組の消化の再開です(笑)
発売から2ヶ月が経ち、やっとまともな司令官の紹介まで辿り着きましたが、その詳しい中身は続きからどうぞ↓

~2014/07/21 追記~
ガルバトロンの記事の方でコメント欄にてご指摘のあった変形ミスの箇所について、
記事の最後の方で追記させていただきました(匿名希望さん、ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m)。
というわけで、『トランスフォーマー/ロストエイジ』より、
AD-12 リベンジオプティマスプライムです。

以前紹介したバトルブレードバンブルビー同様、「リベンジ」と「ダークサイドムーン」の間の時期に発売された
オートボットアライアンス(AA)版をリカラー…と言いたいところですが、AA版では両腕の武器がフックだったのに対し、
今回は海外版と同じブレードになっていますので、厳密にはそちらのリカラーになるのでしょうか。

IMAG3710.jpgIMAG3711.jpg

それではいつも通り、まずはパッケージ両面です。
デラックスクラスのブリスターとは違い、ボイジャークラス(やバトルブレードバンブルビー)はこんな感じの箱ですね。
オモテ面のキャライラストも左下に来ています(デラックスクラスは左上)。

IMAG3712.jpg

続いてはプロフィール。日本語と英語の両方が記載されています。
トイの名前にはリベンジと付いていることから、プロフィール内の時系列もそのあたりなのでしょうか。

IMAG3716.jpgIMAG3718.jpg
IMAG3717.jpg

ビークルモードの3面は、側面の写真のサイズの関係でいつもと順番を変えました。
この姿が今作では出番があるのかは分かりませんが、相変わらずカッコいいトラックですね(^-^)

IMAG3719.jpg

サイズ比較その1は先日ご紹介したロングアームと。
こうやって見ると、ロングアームデカいですね~(笑)

IMAG3720.jpg

続いては、2012年の限定トイのブラックオプティマスと。
ベクトルが少し違いますが、どちらもカッコいいトラックだと思います。

IMAG3721.jpg

久々登場のデトクリフ上等兵と。
こうして色々なトイと並べてみると、リベンジオプのビークルモードって小さい気がします。

IMAG3722.jpgIMAG3723.jpgIMAG3724.jpg

それでは変形させていきます。
まずは側面を展開し、後部タイヤ上の泥除け(?)を重ね合わせるようにしたら車体上部を大胆に展開します。

IMAG3725.jpgIMAG3726.jpgIMAG3727.jpg

ここからは、ロボ時の上半身の変形です。
腰辺りに位置する2か所のジョイントを留めつつ、腕や胸部となる車体前方のパーツを分割していきます。

IMAG3729.jpgIMAG3730.jpg
IMAG3731.jpgIMAG3732.jpg

次は腕部です。
肩とひじの間のロール軸を上手く使いつつ側を後方に持っていき、赤いガワを腕の付け根方向へスライド。
そのあとに肘から先の部分を一度開いて拳を展開します。
※赤いガワが外れることがちょこちょこあるので注意!

IMAG3733.jpgIMAG3734.jpg
IMAG3735.jpgIMAG3736.jpg

内部でたまにつっかえるのでこの上の写真の2枚目までは外していましたが、
胸部には「リベンジ」でのキーアイテムであるマトリクスがマウントできます(というより、マウントされているのがデフォルト)。

胸部正面の赤いパーツを調整し、カチっというまでパーツを動かして留めたら、
車体フロントガラスが胸部で留まるようにジョイントしていきます。
頭部や肩の突起(?)の位置も、このときに調節してしまって構いません。

IMAG3737.jpgIMAG3738.jpg
IMAG3740.jpgIMAG3741.jpg

最後に脚部の変形。
黄土色っぽいパーツが中心にくるようにパーツを折り畳み、つま先を下ろす&踵をスライドさせて展開します。
あとは背中にきた泥除け(?)をくるりと向きを変えつつ青いガワにある突起にジョイントすればOKです。
※ちなみに管理人宅のオプはここのハマりがけっこう悪く、大体の写真は留めずにそのままです(>_<)

IMAG3742.jpgIMAG3744.jpgIMAG3745.jpg

ロボットモード3面です。
本当は先述した肩の突起(?)を立てるのが正解なんですが、
我が家のオプは2回変形させただけでその突起部分が白化してしまい触れるのが怖くて寝かせたままです(-_-;)
実写オプの姿を良く再現出来ているだけに残念ですね…。

IMAG3743.jpg

バストアップ。
若干頭部が小さい気もしますが、見まごうこと無き実写オプですね(^-^)
ホント、これで肩の突起の白化さえなければ(苦笑)

IMAG3991.jpg

詳しくは記事の最後の方に追記していますが、変形ミスがありました。
こちらの状態が正しい状態になりますm(_ _)m

IMAG3770.jpg

ロボットモードのサイズ比較その1は、先日紹介したプロトフォームオプティマス(以下、プロトオプ)と。
デラックスとボイジャーというクラスの差がしっかり見て取れる他、リベンジオプの方が青色が濃いのが分かりますね。

IMAG3768.jpg

比較その2は同じシリーズからのリカラー仲間であるバトルブレードバンブルビーと。
ビーのデカさが改めて良く分かる1枚で、やっぱり箱がボイジャークラスのもので良かったんだなぁと思えてきます(^_^;)

IMAG3746.jpg

続いては上半身の可動について。
胸部パーツが上側にも大きく出てしまっているため、頭部は写真の程度にしか向かず上下可動もなし。
腕もロール軸があるとはいえブレード展開前は肘を曲げることが出来ず、思いの外やきもきしてしまいます。

IMAG3751.jpg

お次は下半身の可動範囲についてなのですが、足首や膝が前後左右にある程度曲がるため接地性はなかなかです。
股関節はクリック関節ですが、クリック幅もそれほど悪くない印象で、
太もも側面部のタイヤの固定ジョイントを外せば膝はしっかり90°曲がります。

IMAG3748.jpg

可動範囲のお話が終ったところで、内蔵ギミックについて。
変形時にも一度開いた腕のパーツを開けば…

IMAG3749.jpg

近接武器である「エナジーブレード」を展開できます。

IMAG3750.jpg

エナジーブレードは両腕に内蔵されており、展開することで肘がしっかり90°以上曲がるようになります。
軽くポージングしただけでなかなかにカッコよかったので、肩の突起もきちんと立ててみました(苦笑)

IMAG3769.jpg

肘がまともに曲がるようになる恩恵は大きく、アクションポーズの決まり易さもグーンと上がります!

IMAG3773.jpg

前作「ダークサイドムーン」のポスターをイメージして撮った一枚。
同作の「裏切ったのは、人類なのか 友なのか」ってキャッチコピーは、
実写シリーズのキャッチコピーの中で一番好きです。

IMAG3754.jpg

続いては、もう一つの武器のご紹介。
背中側にあるメッキパーツは、取り外すことができまして…

IMAG3757.jpg

このように開いていけば…

IMAG3766.jpg

手持ち武器の「イオンブラスター」になっちゃいます。
ビークル時には車体の1パーツに過ぎない部分が武器になっているということもあり、銃の構造は結構シンプル。

IMAG3762.jpg

ちなみにこちらも2つあるので、両手に持たせることも出来ますよ(^-^)

IMAG3763.jpg

ボイジャークラスながら膝を深めに曲げることができるのが個人的には嬉しいですね~。
顔がもう少ししっかり向きを変えることが出来ればなぁ…(^_^;)

IMAG3774.jpg

しかし実写トイの再現度って、改めて触ってみると本当に凄い奴はとことん凄いですね。
こうして立たせているだけでも玄田さんの渋いお声が聞こえてきそうです(笑)

IMAG3767.jpg

今度の4作目ではどの程度この姿を観ることができるかは分かりませんが、
やはり旧3部作で慣れ親しんだ分愛着がわきますね。

IMAG3775.jpg

「ダークサイドムーン」の頃のメックテックウェポンもあれはあれで好きですが、
やはり見た目や大きさともに違和感なく持たせることのできる武器があれこれあるというのは良いものですね。

IMAG3753.jpg

というわけで、『トランスフォーマー/ロストエイジ』より、AD-12 リベンジオプティマスプライムでした。
実を言いますと、管理人はリカラー元をはじめ旧3部作の実写オプのトイを1つも持っていなかった為、
このオプ発売が発表されて以降、実物を手に取るのを非常に楽しみにしていたことを今でも良く覚えています(^-^)
聞くところによるとこのオプの変形パターンはリーダーオプのパターンをボイジャークラスへと落とし込んだものだそうで、
両形態のプロポーションや再現度もしっかりしており、高評価を得るだけのことはあるなぁと感心させられました。
しかし、所々変形がタイトなところもあるのか、管理人は2回変形させただけで数か所が白化させてしまいました(>_<)
見た目や両腕のブレード展開ギミックは素晴らしいものの、扱いが難しいところもあるのかなぁと感じるトイなので、
旧3部作のオプでガシガシ遊びたい方は少し注意が必要だと思いますb
それでは今回はこの辺でノシ

2014/07/19 記事投稿
2014/07/21 変形ミスについて以下に追記
2015/02/01 一部写真を差し替え

~2014/07/21 追記~
IMAG3987.jpgIMAG3984.jpg

7月20日投稿のガルバトロンの記事にてご指摘いただいた2か所の変形ミスについて。
上記の写真では、胸部のメッキパーツが「ハの字」になっていたり、足首付近の泥除け(?)が後方へ寄ってしまっています。

IMAG3988.jpg
IMAG3989.jpg

が、胸部は上の写真→下の写真のようにパーツを動かしてやることで、正しい「逆ハの字」になり…

IMAG3985.jpg
IMAG3986.jpg

泥除け(?)もこんな感じに微妙に動かせます。
ただ、泥除け(?)の方は説明書に記載がないのだとかで、若干の謎も残っていたり(-_-;)

IMAG3990.jpg

こちらが本来のリベンジオプのロボットモード(のはず)です。
以前のスコーンの記事同様、反面教師となるべく変形ミスをした部分も残しておこうと思います(殴

IMAG3996.jpg

プロトオプ「ねぇねぇ、何で正面見てビシッと決めてるの?」
リベンジオプ「カッコいいであろうポーズをとれば許してもらえるという私の考えだ。 なかなかいい考えだろう?」
プロトオプ「そんなこと言ってないで、管理人ともどもきちんと謝った方が良いと思うよ」
管理人・リベンジオプ「「どうもすみませんでした」」

~追記ココマデ~

おまけ
IMAG3777.jpg

プロトオプ「そういや何で今回は大半の写真のサイズがいつもより小さめだったの?」
リベンジオプ「管理人が間違えてたからだよ…。 というかそのポーズは一体…?」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

相互リンク有難うございます!

元々このオプティマスはリベンジリーダーオプをヴォイジャー化したものなんです。
だから変形が難しくて白化しやすい&もろガワ変形&無理やりなバトルブレード…。
amazonのレビューもボロボロです。
でもリーダーではできなかったマトリクス内蔵やプロモーションなどはいいと思います。
ただし、僕も触ったことのある経験者として言わせてください。
「説明書は絶対になくなさいこと!」

まあリーダーオプが完成度高すぎってのが逆にこうなったんだと思います。
あれも変形するのに骨が折れるし…。
長年トランスフォーマー玩具をいじっている自分でも説明書見ないとできないという…。

Re: No title

keitai70さん、コメントありがとうございます!

> 元々このオプティマスはリベンジリーダーオプをヴォイジャー化したものなんです。
> だから変形が難しくて白化しやすい&もろガワ変形&無理やりなバトルブレード…。
> amazonのレビューもボロボロです。
> でもリーダーではできなかったマトリクス内蔵やプロモーションなどはいいと思います。
> ただし、僕も触ったことのある経験者として言わせてください。
> 「説明書は絶対になくなさいこと!」

ギミックをあれこれ盛り込んだ上でプロポーションにもこだわった結果だとは思いますが、
それでも気になる点が多いトイだなぁというのが正直なところですね~。

ただ、DOTMのリーダーオプ等ではブレードが外付けになっていたりなど、
リベンジリーダー→リベンジボイジャー→DOTMリーダーで開発側の工夫が見られるのは良いと思います(^-^)

> まあリーダーオプが完成度高すぎってのが逆にこうなったんだと思います。
> あれも変形するのに骨が折れるし…。
> 長年トランスフォーマー玩具をいじっている自分でも説明書見ないとできないという…。

変形パターンは割とスッと頭に入りましたが、確かに変形の工程が多く難易度は高いですね~。
そこら辺を気にして普段より写真多めで変形手順を紹介したので、この記事を見た方が参考にして下されば嬉しいですね(笑)

No title

 お疲れ様です、またも過去記事にお邪魔致しております★
 なかなか自分の時間がとれなくて、ゆっくりと拝読できずにいます(>_<) コメントを入れたい記事もたまる一方ですよ。
 リベンジ司令官は腕のフックがブレードになって良かったですよね。AAナンバーの商品は、国内版にも海外版と同じパッケージ写真が使われており、承知の上で購入する必要がありました…そう、私はAA01購入・開封後に気付き、がっかりした「苦~い思い出の持ち主」です。当時、ネットで情報を収集する事もできず、悔しい思いをしました。
 個人的にはAAを弄ってみて、リーダークラスの方が弄り易かった様に思います。ふじ様も仰る通り、小さな素体に機構とディティールを詰め込み、結果、元のリーダークラスの弄り難い部分に加え、はめ難く外れ易いジョイントや部品のポロリ、白化等に繋がったのでしょうね。自動車好きのおじじとしては、グリルが足裏にきて軍団章もろとも踏むのがイヤで、結局何年も車両形態のままだったりします(^^;)
 7月のキャンペーン、コンプリートされたようで、おめでとうございます。先週末に限って多忙で、昨日やっと近所のジョーシン1件だけ行ってきたのですが、新製品はガルバトロンとブラックナイトグリムロックしか無く、入手した景品も2個のみでした(>_<) 「群れ」には程遠いですが、今週末は遠征しますよ★
 こうしてブンドドを話せる相手が身近にいないので、つい長々と書いてしまい、申し訳ありません。ではまたm(__)m

Re: No title

アウトキャストさん、コメントありがとうございます!

>  お疲れ様です、またも過去記事にお邪魔致しております★
>  なかなか自分の時間がとれなくて、ゆっくりと拝読できずにいます(>_<) コメントを入れたい記事もたまる一方ですよ。

そう言っていただけると記事投稿の励みになります(>_<)
コメントはいつでもお待ちしてますので、御自身のペースで楽しんでいただければOKですよb

>  リベンジ司令官は腕のフックがブレードになって良かったですよね。AAナンバーの商品は、国内版にも海外版と同じパッケージ写真が使われており、承知の上で購入する必要がありました…そう、私はAA01購入・開封後に気付き、がっかりした「苦~い思い出の持ち主」です。当時、ネットで情報を収集する事もできず、悔しい思いをしました。

箱は海外版と共通で、日本語のシールを一部貼り付けただけという処理による被害でしょうか(^_^;)
AA版発売時期はリベンジとダークサイドムーンの間の時期ということもあり
箱などにはあまりコストを割けなかったのかもしれませんが、それはさすがに酷いですね…。

>  7月のキャンペーン、コンプリートされたようで、おめでとうございます。先週末に限って多忙で、昨日やっと近所のジョーシン1件だけ行ってきたのですが、新製品はガルバトロンとブラックナイトグリムロックしか無く、入手した景品も2個のみでした(>_<) 「群れ」には程遠いですが、今週末は遠征しますよ★
>  こうしてブンドドを話せる相手が身近にいないので、つい長々と書いてしまい、申し訳ありません。ではまたm(__)m

ガルバトロンとブラックナイトグリムロックだと、
単品でも3000円以上になってマイクロン入手条件を満たせるのが良いですね~。
今週末の遠征での成果のご報告お待ちしてますね(^-^)
プロフィール

ふじ

Author:ふじ
FC2ブログへようこそ!
機械音痴の学生ですがブログ
始めてみました。
備忘録も兼ねて趣味のあれこれに
ついて書いていこうと思います。
トイのレビュー記事と水泳の話題が
中心ですが、
よろしければどうぞ~ノシ

注意事項
当ブログの画像の無断転載は禁止とし、荒らしコメントと判断したものは削除させていただきます。
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。 相互リンク希望の方は、記事のコメント欄もしくは当ブログのTwitterアカウント(@fuji_seitaiblog)へのリプライ・DMにてその旨をお知らせください。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。